スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SSFF上映作品紹介(08年度版)  

みなさま

 映画祭ドットコムBlogをご覧になっていただき、ありがとうございます!
 ショートショートフィルムの開催直前まで、
 上映映画のご紹介を、司会とコラム担当者の二人でしていく「SSFF上映作品紹介(08年度版)」。

 
 それではさっそく!
 今回は ストップ!温暖化プログラム A と ストップ!温暖化プログラム B をまとめた集大成!

 いよいよ明日から映画祭開催です!
 
 今回のコラム担当者は・・・
 RITU さん
 映画祭開催前日にふさわしい作品をピックアップしてくれました!  
 それではよろしくお願いします! 

< RITU >
 はい!ご参考になれば幸いです!




ストップ!温暖化プログラム A

ストップ!温暖化プログラム B
                

 ますます暑くなる今日この頃。それに加え最近の嵐のように激しい夕立。
「異常気象」という言葉を頭に浮かべた方も多いのではないでしょうか?
温暖化の影響が私達の身近にまで感じられるようになってきたのです。

 このSTOP!温暖化プログラムには、映像を通して皆さんに温暖化の意識を高めてもらおうと、
世界中のクリエーターから作品が寄せられました。
温暖化なんていうと、こむずかしいものを想像してしまいますが、ShortShortsでは違います!

「サウナ」
サウナ

Ra
Ra


「砂のお城」
砂のお城


などはシュールなコメディでありながら、背筋が寒くなるような後味を残します。


「ニタンカサンソ」
ニタンカサンソ


虎太郎君とひなちゃんの2人の子供が、熱を出したチキュウを治すために頭を絞るという可愛らしいお話です。


GLOBAL WARMING
GLOBAL WARMING

また特別招待作品としてハリウッドスター、レオナルド・ディカプリオ制作のドキュメンタリー「GLOBAL WARMING」にも注目が寄せられます。


 温暖化というテーマは共通していますが、バラエティーに富み、クオリティ-が高く、かつ考えさせられる作品ばかりです。
皆さんもぜひこのプログラムを見て、温暖化対策への一歩を踏み出してみませんか?


コラム担当< RITU >




今回ご紹介の上映プログラムの詳細はコチラ
           ↓ 
ストップ!温暖化プログラム A

ストップ!温暖化プログラム B


<ライター義沢>
 
 とうとう映画祭が明日始まります!
 ご紹介してきたことで、ショートショートフィルムに少しでも関心を寄せて頂けたら幸いです。
 大阪ショートショートフィルムフェスティバルをよろしくお願いします!  

スポンサーサイト

[2008/08/18 18:00] お知らせ | TB(0) | CM(12)

2008年 第3回(最終回) 「気になる映画のセリフをピックアップ!」  

みなさま

 映画祭ドットコムBlogをご覧になっていただき、ありがとうございます!
 ショートショートフィルムの開催直前まで、
 上映映画のご紹介を行う、「気になる映画のセリフをピックアップ!」

 ライター義沢とセリフ選者の二人で不定期に運営する企画です。
 開催が明日なので、早くも最終回になってしまいます。
 別企画でまたお会いできるといいですね!

  
 今回のセリフ選者・・・
 花梨 さん
 SSFF上映作品紹介(08年度版「バイバイ、ママ!」 の紹介もご協力して頂きました。





映画名
「バイバイ、ママ!」
バイバイ、ママ!


●セリフを言った登場人物
     赤いベレー帽の女性「本当にそっくり。 声まで同じだわ。」

●セリフ選者の気になるポイント
     ポイントを話してしまうと、映画の醍醐味がバレるので言えません!     

●ライター義沢の想像
     スーパーで買い物をしていると、どこかで見かけた少年がいる。
     その場を通り過ぎようとしたら、姿も言葉のなまりも孫そっくり!
     孫は今ロッキー山脈にこもっているはずなのに・・・   



 

 以上の映画の詳細はコチラ → ユースプログラム


 みなさまからのご質問やご意見、たくさんお待ちしております!

SSFF上映作品紹介(08年度版)  

みなさま

 映画祭ドットコムBlogをご覧になっていただき、ありがとうございます!
 ショートショートフィルムの開催直前まで、
 上映映画のご紹介を、司会とコラム担当者の二人でしていく「SSFF上映作品紹介(08年度版)」。

 
 それではさっそく!
 今回はアカデミープログラムの作品を1つご紹介します。


 今回のコラム担当者は・・・
 yasue さん
 フルタイムで働いて方なので、社会人の視点にご注目!  
 それではよろしくお願いします! 

< yasue >
 はい!忙しい方にこそ、今回の映画がオススメです!




アカデミープログラム 

                

Omnibus / まちがい列車
まちがい列車


 映画は少し気弱そうな男の出勤風景から始まる。
その男、ジャン・ルイは売店で新聞を買い、9:06発2両編成列車の1両車に乗りこむ。
おそらくジャンは半年間、毎朝そのようにしてカトー駅まで通勤していたのだろう。

 そんなジャンに事件が起こる。
いつものように車掌に切符を見せたところ、この列車は本日、1月2日からカトー駅で止まらなくなったと言われる。そんな話は寝耳に水のジャンは、隣のおばさんに助けを求めるが「掲示板に書いてあった」とつれない態度。
 
 デーブル駅からバスで引き返すと遅刻してしまう!あせったジャンは車掌に、自分は上司に嫌われているから遅刻すると首になること、首になると妻に離婚されること、離婚すると子供は施設送りになることを涙目で訴える。
気の毒に思った車掌はジャンを運転手のエロルのもとに連れて行くが、自動運転の列車を止めることはできない。

 ここから窮地に立たされたジャンの冒険がはじまる。
思わず「あっ」と声をあげてしまう結末は秀逸です!

コラム担当< yasue >




今回ご紹介の上映プログラムの詳細はコチラ → アカデミープログラム


<ライター義沢>
 
 第65回・アカデミー賞短編実写部門・受賞作品の上映時間は8分!
 忙しい方でも息抜きに観ることができますよ!
 開催期間中に見逃してほしくない作品を、今後もご紹介していきます。
  

 みなさまからのご質問やご意見、たくさんお待ちしております!



2008年 第2回 「気になる映画のセリフをピックアップ!」  

みなさま

 映画祭ドットコムBlogをご覧になっていただき、ありがとうございます!
 ショートショートフィルムの開催直前まで、
 上映映画のご紹介を行う、「気になる映画のセリフをピックアップ!」

 ライター義沢とセリフ選者の二人で不定期に運営する企画です。

  
 今回のセリフ選者・・・
 田中マリ さん
 SSFF上映作品紹介(08年度版)「ブラジルプログラム A」 の紹介もご協力して頂きました。





映画名
「アルファヴィル 2007」
アルファヴィル 2007


●セリフを言った登場人物
     ナレーション「富を見せるのは罪だ」

●セリフ選者の気になるポイント
     暴力行為をするアウトローをいつのまにか応援してしまう。
     貧富格差が大きい社会では何が正義なのか、答えることは難しい。

●ライター義沢の想像
     2007年なのに西部劇のような街。
     そこで繰り広げられる階層社会は壮絶!
     支配階級の富豪を痛めつける姿は、西洋版ねずみ小僧のようかも。
    



 

 以上の映画の詳細はコチラ → ブラジルプログラム A



 みなさまからのご質問やご意見、たくさんお待ちしております!

SSFF上映作品紹介(08年度版)  

みなさま

 映画祭ドットコムBlogをご覧になっていただき、ありがとうございます!
 ショートショートフィルムの開催直前まで、
 上映映画のご紹介を、司会とコラム担当者の二人でしていく「SSFF上映作品紹介(08年度版)」。

 
 それではさっそく!
 今回はブラジルプログラム B をご紹介します。


 今回のコラム担当者は・・・
 なお さん
 映画「魔法にかけられて」の感想で共感した方です。  

 それではよろしくお願いします!
 

< なお >
 はい!みなさんブラジルの魔法にかかってくださいね!




ブラジルプログラム B
 

                

Pugile/ボクサー
ボクサー


  兄弟だから何も言わなくても分かり合えたり、
近い存在だからこそ言えないことがあったりするんだなぁとこの映画を通して思いました。
けんかもするけど、やっぱり一緒にいるのは楽しかったり、元気になってほしかったり。
ダグラスを元気にさせてあげようとする・・・・をもどかしいけれど、心があったかくなる作品です。


Primavera/春
春

 ほんとにブラジル!?と思ってしまうような親しみ深い風景のなかで起こる少年の小さな冒険。
ほんとは嫌いなものも、怖いものもあるけど、がんばってアリスをよろこばせようとする姿が本当にかわいい!


Passo/ステップ
ステップ

 3分間の短い作品の後は、まるで近代美術館に行ったような気持ちになりました。
1羽の鳥が、必死になってまで出たがる外には何があるんだろう?
音も色も本当に芸術的な作品です。


Socorro Nobre/世界のどこかで
世界のどこかで

 どのシーンをとっても写真展の主役になれそうなぐらい、きれいな白黒の映像の中でつづられる人と人とのつながり。辛くても生きることが嫌になっても、思いがけない誰かが救いになったり、生きる支えになったりする。
 大事なことを教えてくれるような、心が熱くなる作品です。見終わった後、改めてタイトルの意味を実感しました。


O Brilho Dos Meus Olhos/生きがい
生きがい

 生きがいってなんだろう?
同じことを繰り返したり、なんで生きてるの?と思うことは誰にだってあることでしょう。
本当にしたいことってなんだろう?“生きがい”は意外と気づいていないだけなのかも。


Esconde-Esconde/かくれんぼ
かくれんぼ

 大事な人を失ったとき、きっと世界のどこかに隠れているだけ、
かくれんぼをしているだけかもって思いたくなる気持ちになるのでしょうね。
カメラを通して見えた事実に驚きます。老夫婦の繰り広げる悲しいけれど、とても優しい作品です。


コラム担当< なお >




今回ご紹介の上映プログラムの詳細はコチラ → ブラジルプログラム B




<ライター義沢>
 「シティ・オブ・ゴッド」で製作も手掛けた、ブラジル映画界の巨匠も登場するブラジルプログラム B
 ブラジルプログラムAとB両方お見逃しなく!
 開催期間中に見逃してほしくない作品を、今後もご紹介していきます。
  

 みなさまからのご質問やご意見、たくさんお待ちしております!



[2008/08/17 20:37] お知らせ | TB(0) | CM(0)

SSFF上映作品紹介(08年度版)  

みなさま

 映画祭ドットコムBlogをご覧になっていただき、ありがとうございます!
 ショートショートフィルムの開催直前まで、
 上映映画のご紹介を、司会とコラム担当者の二人でしていく「SSFF上映作品紹介(08年度版)」。

 
 それではさっそく!
 今回はストップ!地球温暖化プログラム Bをご紹介します。


 今回のコラム担当者は・・・
 マリ さん
 教室では教えてくれないことを素直に聞ける方です。  

 それではよろしくお願いします!
 

< マリ >
 はい!温暖化を映像にするとビックリしますよ!




ストップ!地球温暖化プログラム B

 
 石油の枯渇の危機や、食料の自給率の低下は随分前から言われていたけれど、ホント、日本では、一番大事なことは、学校では教えてはくれていませんでした。

 それぞれの作品が、それぞれの地球に対する思いやり、自分の作品へのこだわり(色使いや音楽、音の入れ具合い)を持っている。
テーマが決まっているので、作品の長さは全く関係なく、ガチンコ勝負のような感じになっていました。
 当たり前だけど、全作品とも地球をいとおしく、大切に思っているんだな、って、イチイチ、感心してしまいました。
ジョークっぽく作っている作品も全て、現実になるかもしれない話ばかりでした。
アニメも、手法やアプローチの仕方が全て違うので、えっ次は、どんな感じで来るの?!って。


ちなみに、私が一番気に入った作品は
     ”砂のお城
砂のお城
 MR.ビーンの、ローワン・アトキンソンが、演じている姿が思い浮かんでしまいました。



 招待作品は、まさに、完璧な、地球のためのプロモーションビデオ、でした。
青い空、真っ赤な太陽、何処までも続く水平線・・・
季節どうりの風景。

 当たり前の、明日は、いつまで続くのでしょうか???今年は、集中豪雨元年。ッてことになりゃなきゃいいんですけど。


コラム担当< マリ >



ストップ!地球温暖化プログラム B

<ライター義沢>

 本日、甲子園が集中豪雨で試合中断しました。
 最近カミナリも多い気がします。 
 映画が危惧している世界が、少しずつ現実になっているかもしれません。

 ストップ!温暖化プログラムは無料上映。
 わたしたちの未来について考える第一歩として、ぜひご覧ください!
 


 開催期間中に見逃してほしくない作品を、今後もご紹介していきます。
  

 みなさまからのご質問やご意見、たくさんお待ちしております!



[2008/08/16 18:30] お知らせ | TB(0) | CM(1)

SSFF上映作品紹介(08年度版)  

みなさま

 映画祭ドットコムBlogをご覧になっていただき、ありがとうございます!
 ショートショートフィルムの開催直前まで、
 上映映画のご紹介を、司会とコラム担当者の二人でしていく「SSFF上映作品紹介(08年度版)」。

 
 それではさっそく!
 今回はバイバイ、ママ!をご紹介します。


 今回のコラム担当者は・・・
 花梨 さん
 オススメ作品を紹介したい、アツい想いでいっぱいの方です。  

 それではよろしくお願いします!
 

< 花梨 >
 はい!見逃せない作品をお伝えします!




バイバイ、ママ!
バイバイ、ママ!



 朝から元気よく響く、セミの鳴き声を目覚まし代わりに、一日が始まる今日この頃です。
あの鳴き声がより一層暑さを倍増しているような、何だか“日本の夏”を感じますね。

 今日は、SSFF & ASIA 2008 受賞作品プログラム(A)より、おすすめを一つご紹介します☆
チェコから届いた 「バイバイ、ママ!」(Bye, Mama!)。
チェコ映画!?
 まず、チェコと聞いて思い浮かんだのは、チェコアニメ、「チェブラーシカ」。それと、ボヘミアングラス。チェコとはどんな国なのかもよく知らず、私が抱いていたのは素朴で地味なイメージでした。
ストーリーは・・・
とあるスーパーにて10代の少年が万引きをしようとしています。そこへ、見知らぬおばさんが、声を掛けてくるのですが、少年は誰かとそっくり似ているそうで。

 思わず、「面白い!」と唸ってしまいました。
個人的にショートフィルムは、ほのぼのしたものよりも、ちょっと笑えるものや、皮肉の効いたものなど、ストーリー重視派です。 この「バイバイ、ママ!」は、ドラマとなっていますがニヤリとさせられる要素もあり、オススメです!
 チェコ映画、あなどれません。(笑)きっと、見終わった後に誰かに教えたくなりますヨ ^-^



コラム担当< 花梨 >




バイバイ、ママ!


<ライター義沢>

 チェコといえば“人形アニメーション”のメッカとして、世界中のクリエイターやアートアニメーションファンから広く認知されつつありますが、実写でも目を見張る作品があります。
横浜では「チェコ映画祭」が2005年から開催され、日本との交流も深いんですよ。


 開催期間中に見逃してほしくない作品を、今後もご紹介していきます。
  

 みなさまからのご質問やご意見、たくさんお待ちしております!












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。