スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画祭への道【スタッフのお仕事~デザイン編】 

最近むしむしした暑い日が続いていますね。
皆さん、いかがお過ごしですか?

さて、スタッフのお仕事紹介も、
ちょっとプロ志向な装いになってきました。
今日ご紹介するのは、デザインのお仕事です。
今回はハネさんにお話をうかがってきました。

----------------------------------------------------

■1あなたは今何をしている人ですか?

派遣で家電量販まわって、
販売や改装の応援をしてます。

■2ボランティアスタッフをするようになったキッカケは?

ある自主映画のパンフレットの
イラストを描いたのがきっかけ。
それ以来なにかとお世話になってます。

■3デザインのお仕事内容をひとことで言うと?

チラシ等の印刷物のデザイン、及び制作を行っています。

■4デザインをやってて楽しいこと・得することは?

制作に携わったものを持って、
お客さんが会場にいらっしゃったりするのを
見かけた時は、すごく嬉しさを感じます。

■5デザインをやっててしんどいこと・つらいことは?

アイデアがなかなか浮かばなかった時ですね。

■6こんな人がデザインに向いてるかも?

好奇心旺盛な人。
何よりも、印刷物が好きな人。
街中でおもしろいチラシとかあれば、
持って帰ってコレクションしてしまうような人とか。

■7映画祭中に経験した、マル秘エピソード

一昨年のことですが、ある映画監督の
ポスターをデザインして、
その監督のサインをいただいたときは
嬉しかったです。

■8ボランティアスタッフになりたい人に向けて何かひとこと!

映画関係の方々はいろんな価値観を
持っていらっしゃって、勉強になります。
デザイン以外のことも吸収することで、
アイデアの引き出しをたくさん作ることが
できるかもしれません。

----------------------------------------------------

ハネさん、どうもありがとうございました!

毎年毎年のことですが、
チラシやパンフレットの入稿(印刷に出すこと)の前は
徹夜になってしまったりすることもしばしば。
だからこそ、完成した時の喜びはひとしおです♪

そんな苦労を経て、先日ようやく、
今年のショートショートの仮チラシが完成!
上映プログラムや作品、チケット情報など、
小さいサイズながらも情報満載です。

近々、大阪やその近辺の映画館、カフェ、
公共施設などに設置予定ですよ。
目印は公式ページにある赤いショートのロゴマーク★

ちなみに、ここだけのヒミツ?ですが、
この仮チラシは、割引クーポンにもなってるので、
見かけたら是非Getしてくださいね!
スポンサーサイト

[2006/06/29 01:25] ボランティアのお仕事 | TB(0) | CM(0)

AI-B●『Herders' Calling / 牧畜青年の決心』  

HerdersCalling.jpg


● Herders' Calling / 牧畜青年の決心
監督:Najeeb Mirza
キルギスタン / ドキュメンタリー / 2004 / ‘23”57

少数民族の夫を持ったがために、個人より動物を中心に生きる世界に入ってしまった22歳のNazgul。
しかし彼女には都市での生活に憧れる。
美しい自然と伝統の中で生きる反面、それを守るための“犠牲”とは??

--------------------------------------------------------

『KIRGIZs' CALLING』

キルギスタンってどこ?? 多分ウズベキスタンの近くじゃない!? じゃあウズベキスタンってどこ??
多分皆これ位しか知らないと思います。キルギスタン。場所はユーラシア大陸のど真ん中。中国の西端で、元ソ連の統治下にあった国です。だから劇中の都会の風景もちょっとロシアっぽい?しかし、キルギスタン国民の血統はアジア系民族が強いらしく、青い目、金髪、白人系の体格、しかし顔はアジア人。そんなハーフもいるんだとか。(失礼)

映画を観れば分かるとおり、キルギスタンは自然が豊かで、物価も安く登山家には人気の国だそうです。映画を観て、行ってみたいなーでも、遠いしあの辺り治安悪そうだしな。なんて思った人。キルギスは一部を除いては中央アジア一治安の良い国ですよ。しかも日本からの観光目的の際は、なんとビザが不要なんです。ちょっと行ってみたいって思いました?私は書いてて自分が行ってみたくなりました。

プログラムAI-Bより…
上映:8月6日(日)10:00~

I-A●『Dupe / クローン・マシーン』 

20060622091243.jpg


●Dupe / クローン・マシーン
監督:Chris Waitt
イギリス / コメディ / 2005 / ‘10”50
自分のクローン人間を作れたら便利だろうなって思いません??
私はそう思ってました。でもね、よく考えると、こんな事態になりうるんですよね。

----------------------------------------------------------

『From Scotland』

抜群の見ごたえと笑いのセンス、そしてストーリーの完成度にすっかり圧倒されてしまう「Dupe / クローン・マシーン」。製作地である地元スコットランドで、米国のアカデミー賞に匹敵すると言われているBAFTA(British Academy of Film and Television Arts)において、2005年度の最優秀ショートフィルム賞に見事輝いた逸品です。

「そんなに大絶賛された作品を作った監督って一体どんな人?」と興味を持たれる方もきっとたくさんいらっしゃるのでは?なんと「Dupe / クローン・マシーン」を鑑賞すれば、皆さんもれなく監督と対面できますよ!というのも、本作品を手がけたクリス・ウェイト監督は、脚本や音楽の他、主人公のアダムとそのクローン達まで演じている俳優でもあるのです。

そんなマルチな才能を兼ね備えたクリス・ウェイト監督の出身地もスコットランド。スコッチウィスキーやバグパイプで知られる英国の北部に位置する島です。日本では「イギリス」の一部として認識されていますが、人々は自らの出身地に強いこだわりを持っているので、現地ではかなり正確に呼称しないと喧嘩の原因になることもあるほど。

そして、日本で使われているこの「イギリス」という表現。実は、イングランドを表す他国の言語が派生してできた言葉であるため、あまり好ましくありません。正式には「The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(通称UK)」で、スコットランド、イングランド、ウェールズ、北アイルランドを指します。別々に統治されていた国をイングランドが連合王国としたという歴史的背景もあり、今もなお、人々の心の中では別々の国として認識されています。

「Dupe / クローン・マシーン」は、スコットランドの地域性が強く描かれている作品ではありませんが、そうした背景を知ったうえで鑑賞すると、また違った魅力が見えてくるかもしれません。クリス・ウェイト監督も、今もなおスコットランドを本拠地として製作活動を行っている生粋のスコットランド人。そんな彼のプライドとセンスが光る「Dupe / クローン・マシーン」を、思う存分堪能してください。

【プログラムI-A】より…
上映:8月5日(土)13:00~

映画祭への道【スタッフのお仕事~ボランティア管理編】 

今日でボランティアスタッフ応募が締め切りです!
迷ってる方ー!とりあえず応募しちゃいましょうっ。
コチラからどうぞ♪

さて、そんな締切間際にご紹介するお仕事は、
ボランティア管理のお仕事です。
ボランティアスタッフの大黒柱的立場です。
言い換えれば、アルバイトのリーダーみたいな感じです。

今回、ボランティア管理のお仕事について教えてくれるのは、
先日チケットのお仕事についても教えてくれたIさんです!

----------------------------------------------------

(1・2・8については、前回を参照のこと)

■3ボランティア管理のお仕事内容をひとことで言うと?

●リーダーみたいな感じ?
 まとめ役といったところでしょうか。

■4ボランティア管理をやってて楽しいこと・得することは?

●いろんな人とお話できます。
 密かに人間ウォッチング・・・?

■5ボランティア管理をやっててしんどいこと・つらいことは?

●急な変更事項が多いこと。
 せっかく決定した事も、また1からやり直し・・・
 なんてことは日常茶飯事です(>_<)。

■6こんな人がボランティア管理に向いてるかも?

●穏やかな人?
 あまり物事に動じないといいますか・・・
 そんな人(曖昧ですみません)。

■7映画祭中に経験した、マル秘エピソード

●本番前や当日はとにかくバタバタしていて
 記憶に残りません(^_^;)。

----------------------------------------------------

Iさん、どうもありがとうございました!

このお仕事は、スタッフに顔を覚えてもらえて、
いろんな人と仲良くなれちゃいます。
その裏では、多くのスタッフのシフト管理などで
いろいろな苦労があるのですが…
そういったことを顔に出さないようにする
"ポーカーフェイス"が必要だったりもします。

表向きは目立たないお仕事ではあるのですが、
この人がいるからこそ、スタッフみんなが
仲良く気持ちよくお仕事できるし、
この役目がないと、映画祭運営は成り立たない!
と言っても過言ではないかもしれませんね。

そんな映画祭に参加したいというアナタ!
ボランティアスタッフ応募は、本日6月25日締切ですよ。

まずはコチラから応募して、説明会に参加してみてくださいね。
説明会でお話を聞いてから、ボランティアスタッフに
なるかどうかを決めてもらってもOKです。
あまり深く考えずに、とりあえず応募してみませんか?

本日6月25日(日)締切ですよーぅ!

クリック!!
[2006/06/25 15:24] ボランティアのお仕事 | TB(0) | CM(0)

N-A●『Flowergirl / フラワーガール』 

Scan1_1a.jpg


●Flowergirl / フラワーガール
監督:Cate Shortland
オーストラリア・日本 / ドラマ / 1999 / 19:00
オーストラリアでの生活も終わりに近づき、奔放で魅力的なルームメート・ハナのことが心残りなダイスケ。そして、複雑な思いで最後の時をビデオにおさめていく。

---------------------------------------------------------

『ハナ』

映画を観るまえにまず題名を見て「ベタな題名だなぁ」と思うのだが、実際観るとこの題名がしっくりくる内容だったことに気付く。
そもそも主役の名が「ハナ」というところからきているのだろうが、外国人に名前の由来を説明すると当然「フラワーガール=ハナ」になるだろう。そう考えるとハナという現代では古風な響きである日本人女性の名前はなんと素敵な名前なんだろうということに初めて気付いた。それもこの映画があってはじめて成立するのだが。

ヒッピーカルチャーで「フラワーチルドレン」と呼んだりもするが、この映画はサーフムービーの匂いも感じられ、どこか70年代を思わせるどんよりとした空気がドラッギィーでよい。
何より日本女性の象徴である名の「ハナ」と「hana」とのギャップにカウンターパンチをくらわされた。
「ハナ」の中性的でカッコイイとカワイイの間をうまく素の状態で切り取られているところはみどころだ。女性・男性を問わず愛されるキャラクターだろう。

ワーホリや遊学、パッカーなどで海外生活を送った経験のあるかたなら、なんとなくでもこの気持ちは理解できるだろう。どうせなら人生で一度くらいは世捨て人になって1年くらいなんでもない自分をみつめてみるのってのも、人生長いんだからいいんじゃないかな。旅行であちこち観光して動き周るのも価値はあるけど、それと全く異なった人生観を得ることができるよ。いいか悪いかはやってみた者だけがわかる、それでいいんじゃないのかな。と、この映画を観ながら以前に自分が抱いた感情が込み上げてくるのだった。(笑) 元山

【プログラムN-A】より…
上映:8月6日(日)16:00~

映画祭への道【スタッフのお仕事~広報編】 

しばらく間が空いてしまったスタッフお仕事紹介。

ボランティアスタッフの応募締切は6月25日!
もうすぐでスタッフ募集が終わってしまいます。
迷っている方は、コチラから応募しちゃいましょうっ。

さて、今回のお仕事紹介は広報です。
先日ご紹介しました宣伝にも似ているお仕事ですね。
いわゆる営業といった感じのお仕事だと思います!

今回、広報のお仕事について教えてくれるのは、
現在は映像コーディネーターとして活躍中の
スギモトさんです。

----------------------------------------------------

■1あなたは今何をしている人ですか?

映像コーディネーター

■2ボランティアスタッフをするようになったキッカケは?

ゼネラルプロデューサーが、知り合いの知り合いだった。
無理矢理、紹介してもらった。

■3広報のお仕事内容をひとことで言うと?

媒体(メディア)などを通して
映画祭のことをより多くの人に知ってもらい、
動員につなげるお仕事。

■4広報をやってて楽しいこと・得することは?

楽しいことは、色んな媒体に
自分が仕込んだ記事が掲載されること。
得することは、マスコミ関係の知り合いが
多くできること。

■5広報をやっててしんどいこと・つらいことは?

自分が掲載してほしいと思う媒体に、
必ずしも記事が載るとは限らない。
また、こちらが想像していたより、
記事の規模が小さくなることもしばしば。

また、相手が不規則な時間帯で
仕事をしているので、それに応じて
こちらも対応しなければならないこと。

■6こんな人が広報に向いてるかも?

明るく物怖じしない人。
押しつけがましいのはいけないが、
少々ずうずうしい位で丁度よい。

----------------------------------------------------

スギモトさん、どうもありがとうございました!

たとえ小さな記事でも、自分が営業をかけた
雑誌媒体やフリーペーパーに載ったときの喜びは、
何物にも変えられないかもしれません!

今、映画祭の記事が載っているものといえば、
大阪市営地下鉄全駅に置いてあるフリーペーパーOPPi!
すっごく小さな記事ではあるのですが…。
大阪にお住まいの方で地下鉄に乗られる際には、
是非手にとって見てみてくださいね。

また、来月のエルマガジンでは、
何と、特集ページでSSFFのスタッフが登場するかも!?
詳しくは、発売前にこちらのブログでお伝えいたします!
[2006/06/23 02:45] ボランティアのお仕事 | TB(0) | CM(0)

AI-C●『Sohni Sapna (Beautiful Dream) / 美しき夢』  

20060622082345.jpg


● Sohni Sapna (Beautiful Dream) / 美しき夢
監督:Shaleen Sangha
インド・カナダ / ドラマ / 2005 / ‘22”15
おとぎ話の男と夢で出会い、恋に落ちるSohni。
現実の彼の存在を忘れるほどに、気持ちが深まっていく。
2つの世界を行き来しながら、Sohniはある選択をするのだった。

--------------------------------------------------------

『Sohni が夢みた伝説の恋』

夢って不思議ですよね。目覚めた時「あれが現実だったらいいのに!」と思うこともあれば、「なんであんな恐い夢を…」と思うこともあります。なんとなく感触が残っていることもありますよね。夢を見るつかの間、現実とは違う世界を生きている…といったところでしょうか?でも、夢は現実と関わる大切なメッセ-ジを含んでいるともいいますから、“ただの夢”でかたづけてしまうのは、もったいないかもしれません。

さて、「Sohni Sapna(Beautiful dream )/美しき夢」に登場する主人公Sohni が見た夢は、インドで語り継がれる恋の伝説に自分自身を重ねたもの。現実の物足りない部分を、無意識のうちに夢に求めたのかもしれません。

その伝説について少し調べてみたところ、細かい部分はいろいろな説があるようですが、ざっとこんな感じのストーリーでした。

~~~Sohni Mahiwal ~~~

それは、昔むかし、インドのある村でのお話。
腕のいい陶工Tullaの噂を聞きつけて、他国の貿易商Izzatがやってきた。IzzatがTullaの工房を訪れた時、彼の目は焼き物に絵を描いている美しい娘に釘付けになり、一瞬で心を奪われてしまう。
それは他でもないTullaの娘、Sohni。
やがて二人は激しい恋に落ちていく。

村は二人の噂でもちきりに。しかし、二人の仲を快く思わないTullaは、急いでSohniに別の結婚相手を探し、むりやり婚礼をあげさせてしまう。

川のこちら側と向こう側で、別々に生きることを強いられたSohniとIzzat。Sohniは夫の溺愛にも応えられず、明けても暮れてもIzzatを想ってばかり。そして二人は強い愛を抑えられず、毎夜Izzatが川を泳いで渡り、密かに会うことにしたのだ。

ところがある日、Izzatは怪我をして泳げなくなってしまう。そこでSohniは、丈夫で浮力のあるつぼを川に浮かべ、彼女の方から泳いで彼に会いにいく。

そんな夜が幾夜つづいただろうか。やがてSohniの義理の妹がこのことを知ってしまう。義理の妹はSohniが川べりに隠していたつぼを、焼いていない壊れやすいものとすりかえる。Sohniはそれに気づくが、どうしても彼に会いたくて、そのまま泳ぎ出すのだった。

案の定、つぼは向こう岸に辿り着く前に壊れてしまう。「Sohni!!」溺れる彼女を救うため川に飛び込むIzzat。が、思いはむなしく流れの中へ…。こうして、二人は伝説となったのだ。

~~~~~~~~~~~~

この伝説は悲恋にも思えますが、もしかしたら二人を結びつけるために神様が与えた運命なのかもしれません。障害を乗り越え、身を投げ出して愛し合う恋人どうし。そんな激しく強い愛に憧れる女性は少なくないはず。映画の主人公Sohni(伝説の彼女と同名)も、そんな女性の一人なのでしょう。伝説が夢となって現れ、現実との間で心を揺らします。

切なくも熱い“美しき夢”。
スクリーンの彼女にそっと思いを重ねて見てください。

プログラムAI-Cより…
上映:8月5日(土)15:00~

I-C●『Hic / しゃっくり!』  

decaphic.jpg


●Hic / しゃっくり!
監督:Nick Reed イギリス / コメディ / 2004 / 08:05
突然しゃっくりが止まらなくなったボブは、
そのせいで職も追われてしまう。
考えつくばかりの方法をいろいろ試してみるが、
どうしてもダメ。
あげく、ボブがとった衝撃的な方法は…!?

---------------------------------------------------------

『あなたならどうする?』

もし突然しゃっくりが出て止まらなくなったら、あなたならどうしますか?
息を止める?水を飲む?誰かに驚かせてもらう?それでも全く効果がなかったら…?

「Hic ! / しゃっくり!」では、しゃっくりに悩まされる主人公のボブが、しゃっくりを止めるため、ありとあらゆる方法をかたっぱしから挑戦していきます。それは一般的なものから、そうでないものまで実に様々。

そこで少し気になったので、ある友人にしゃっくりの止め方を尋ねてみました。すると、彼女は水の入ったコップの上にお箸を十字に置き、その四隅から順に水を飲んでいくという方法を、幼い頃から真剣に実践しているとか。あまりの手の込みようと根拠のなさに、思わず笑ってしまいましたが、このように育った環境や地域、また文化や国などによっても、しゃっくりを止める方法は千差万別のようです。

そもそもしゃっくりとは、横隔膜の痙攣により起こる現象のことで、刺激物や熱い物を飲んだり、思いっきり笑ったり、激しく咳をしたり、アルコール飲料や香辛料を過剰に摂取したりすると起きるといわれています。また、100回連続してしゃっくりをすると死に至るという噂もあるようですが、事実関係は明らかではありません。

確かに連続があまりにも長くなると、意外に体力を消耗させられるしゃっくり。しかも一度出たら気になってしまい、何も手につかなくなることもよくありますよね。それだけに、ボブの気持ちを共感できる方もきっと多いはず。

では、もし普段の方法でしゃっくりが止まらなかったとしたら、ボブが試みる数々の方法の中から、あなたならどれを選びますか?最後の最後まで、じっくり検討してみてください…。

【プログラムI-C】より…
上映:8月5日(土)21:00~

明日も観てくれるかな?いいとも~! 

今日はお知らせです!

明日22日の←すみません!!22日じゃなくて23日です!!
笑っていいとも!」に、何と、我らのスター、
俳優の別所哲也さんが出演します!

別所さん、というと、「ハムの人」というイメージが
まずいちばん最初に思い浮かぶ人が多いと思いますが、
実は、この「ショートショート フィルムフェスティバル」は
別所さんが8年前に東京で立ち上げた映画祭なのです。

去年、別所さんが大阪に舞台公演で来られていた際、
私イワタニもお会いさせていただいたのですが…
別所さん、超オットコまえ!! ですっ。

ミーハーですみません(汗)。
でも、本当に間近でお会いすると、
顔もシュッとしていて(←大阪のオバちゃんぽい言い方…)、
背も高くて、芸能人のオーラたっぷりでした。

わぁ~、私、この人が作った映画祭の
お手伝いをしてるんだぁ~、としみじみしちゃいましたよ。

そんな別所さんが、明日のいいともに出るということで、
これはぜひとも見なければ!
テレフォンショッキングのコーナーではなくて、
その後のコーナーでのゲスト出演のようです。

SSFFの宣伝もしてくれることと思いますし、
要チェックですよ~★

別所哲也 公式ホームページ
http://www.t-voice.com/

【6/25追記】★23日のいいともの様子はコチラのページで!
「いいとも資料室」
[2006/06/22 16:17] 掲載情報 | TB(1) | CM(0)

AI-B●『Bravo! Mr. KIM / ブラボー!ミスターキム』 

20060619181204.jpg


● Bravo! Mr. KIM / ブラボー!ミスターキム
監督:KIM Soon-bong
韓国 / ドラマ / 2005 / ‘15”55

家賃を滞納している金さん。以前の凛々しい姿は消えうせて、今ではその日を過ごすのがやっと。今日も自分の居場所を求めて町をさまよう…。

--------------------------------------------------------

『韓国、あっちもこっちもキムさん』

「Kim(金)」の姓を持つ韓国人は人口の約20%!つまり、5人集まれば1人がキムさんという計算になる。

そういえば、有名どころにも、今を時めく韓国女優、キム・ヒソンにキム・ハヌルにキム・ユンジン、日本の女を泣かす男前、キム・レウォンにキム・ジェウォン、北朝鮮の権力者、キム・イルソン&キム・ジョンイル親子、ノーベル平和賞のキム・デジュンなどなど、たくさんいます。

日本の苗字はざっと270000種類はあると言われていますが、韓国の苗字はその1/1080の約250種類しかないのです。しかも、「金(キム)」、「李(イ)」、「朴(パク)」、「崔(チェ)」、「鄭(チョン)」で、人口の半分を占めるとか!

韓国の苗字に関して、もうひとつ。韓国は結婚しても苗字が変わらない、夫婦別姓。つまり、日本のように、女性が嫁いで姓が変わるってことはないのです。例えば、ペ・ヨンジュンとチェ・ジウが結婚しても、チェ・ジウはペ・ジウにはならない、チェ・ジウのままなのです。じゃあ、子供が生まれたらどうなるんだ?って思いますよね。

子供の姓はペになるんです。子供が男の子でドンゴンって名前を付けたとしたら、この世紀のカップルの間に生まれた子供の名前はペ・ドンゴン。なんか、モテそうですね。

 さらに、1997年までは同姓で、かつ同じ本籍地(本貫)の人とは結婚できないという法律があったらしい。同郷のキムさん同士は、結婚ができなかったのです。これには、ちょっとオドロキ。恋を法律で阻まれたロミオとジュリエットがいっぱいいたんじゃないか??

そんな、こんなで映画の内容とはあまり関係のない、キムさんの話なのでした。

【プログラムAI-B】より…
上映:8月6日(日)10:00~

I-B●『CONNECTING / 携帯電話』 

Connecting.jpg

●CONNECTING / 携帯電話
監督:Dan Turner
イギリス / ドラマ / 2004 / ‘07”16

ラッシュアワー時に込み合うバスに
一人の男はイライラしていた。 
誰かの携帯が鳴った瞬間、男が豹変する。

---------------------------------------------------------

『まるでロンドンにいるみたい

雨が降る夜、渋滞で全く動く気配のない満員のバスの中にいるところを想像してみてください…。状況を考えただけでも、息苦しくて逃げ出したくなりませんか?

「Connecting / 携帯電話」では、そんな悪条件のバスの中、他の乗客のマナーの悪さに苛立ちを募らせていく主人公ガズの心理状態が、とてもリアルに、かつドラマチックに表現されています。

あの有名な赤い二階建てバス、通称ダブルデッカーに代表されるように、英国ではバスの利用率がとても高く、特にロンドンの朝の通勤ラッシュ時は、信じられないほどの人数の乗客を乗せたバスが、西へ東へと走っています。そして、道路渋滞もとてもひどく、到着時間が全く読めないため、遅刻してしまうこともしばしば。

乗客のマナーはといえば、決して良いとはいえません。バスに限らず、地下鉄や電車での携帯電話の使用は当たり前で、バス会社や鉄道会社も、特に規制を設けていないようです。また、車中に臭いが充満するような食べ物を食べたり、ゴミを床に捨てたり、シートに足を上げたりといったマナー違反も、残念ながら頻繁に見受けられます。そして、夜にはお酒を飲んだりタバコを吸ったりする不心得者が出没することも!

「Connecting / 携帯電話」でも、主人公のガズが周囲の乗客のマナー違反に、次第に怒りを募らせていきます。ヘッドホンから漏れてくる不快音。携帯電話の着信音。電話で話す女性の大きな声・・・。普通の状況だとまだ我慢できるようなことでも、悪条件が重なると妙に気になってイライラしてしまう…。そうした人間の心理面が見事に表現されていて、まるで自分がそのバスの中にいるかのような気分になります。

そんな「Connecting / 携帯電話」を観たあなたは、英国の日常生活の一部を実体験したのも同然。英国のバスのラッシュアワーを味わってみたい方も、それを懐かしく思う方も、そして、それ以外の方も、ガズの苛立ちを共有して、ブリティッシュな感覚と雰囲気を味わってください!

【プログラムI-B】より…
【プログラムAI-A】 上映:8月6日(日)12:00~

AI-D●『Village Football / 村のサッカー』 

20060618233149.jpg


● Village Football / 村のサッカー
監督:Sainath Choudhury
インド / ドキュメンタリー・フィクション / 2004 / ‘01”25

僕らはサッカーが大好き。今日はどうやって遊ぼうか?
よし、それに決めた!ちょっと待ってて。
ううん、もうちょっと右かな。左かな。いけ、今だ!
少年たちが選んだ今日のサッカーの遊び方とは???

---------------------------------------------------------

『ビバ! サッカー』

世界のサッカー最高峰を決める”FIFAワールドカップ”。サッカー選手たちは誰しも、その出場をめざし、優勝を夢見る。私たちは、スタジアムで、あるいはテレビ放映で、その試合を観戦し熱い声援を送るのだ。

しかし、世界を席巻する華やかなワールドカップの陰にも、さまざまなドラマは存在している。たとえば、2002年日韓ワールドカップの決勝戦当日、アザーファイナルとして、世界最下位決定戦が行われたのをご存知の方も多いだろう。これは、映画の企画としてヒマラヤの秘境で行われた、ブータン対モンテセラト(カリブ海の英国領)の試合だ。結果は、ブータンが4-0で勝ったが、トロフィーは半分にわった形のものが両国に渡されたという。なんともほほえましい話だ。

また、違った形のワールドカップもある。たとえば、ホームレスの人たちが行うワールドカップ。もちろん、主催団体をはじめ、多くの支援者のサポートにより実現するわけだが、さまざまな理由でホームレスになってしまった人たちが、このワールドカップに参加することにより、前向きな活力をとりもどし、生活が変わることも多いらしい。サッカーが勇気をくれた、ということか。 

サッカーは世界中で愛されているスポーツだ。FIFAに加盟している国や地域は、2006年4月現在で、実に205にものぼっている。日本で認められている世界の国は約190ヶ国だというから、ほぼ全世界でサッカーが楽しまれているといっても過言ではない。
一つのボールさえあればできるのだから、貧しい国の人々にも比較的手軽なスポーツだ。スタジアムは空き地でいい。ゴールもなんだっていい。サッカーは、世界中のこども達に(もちろん大人にも!)夢と情熱と感動を与えてくれる。 

『村のサッカー』に登場するこども達も、サッカー選手を目指すだろうか? また、ワールドカップで戦う選手たちは、こどもの頃、どんな場所で、どんなサッカーをしていただろうか? そんなことを考えてみると楽しい。

☆映画『アザーファイナル』  http://www.theotherfinal.jp/ 
☆FIFAランキングを日本語で見る  http://www.fifaworldranking.com/ 
☆ホームレスサッカーワールドカップ http://www.bigissuejapan.com/worldcup/

【プログラムAI-D】より…
上映:8月5日(土)17:00~

映画祭への道【スタッフのお仕事~チケット編】 

今回紹介するお仕事は、映画祭当日に活躍する
チケットのお仕事です!

これは、いわゆるチケットカウンターのお仕事ですね。
接客経験のある方ならバッチリできるはずです♪

私イワタニは以前映画館で働いていたことがあるのですが、
その縁で、私も映画祭当日はチケットをやってます。
映画館で働きたいと思っている方も多いと思いますが、
このお仕事はそんな映画館でのお仕事に近いかも?

チケットについて教えてくれるのは、
私イワタニと同じイニシャルのIさんです。

----------------------------------------------------

■1あなたは今何をしている人ですか?

●無職ですが、まさしく「家事・手伝い」です(^_^)。

■2ボランティアスタッフをするようになったキッカケは?

●仕事以外で何か楽しみを見つけたかったのが
 最初のキッカケでしょうか・・・?

■3チケットのお仕事内容をひとことで言うと?

●ほぼ、総合受付って感じです。

■4チケットをやってて楽しいこと・得することは?

●お客さんの入り具合がすぐにわかります。
 大入りの時は本当に楽しいです!

■5チケットをやっててしんどいこと・つらいことは?

●チケットや割引の種類などを覚えておくこと、
 プラスお客さまからいろいろなことを
 聞かれるので大変です。
 臨機応変・・・これがけっこう難しい!
 映画祭初日など、人が多かったりすると混乱します(>_<)。

■6こんな人がチケットに向いてるかも?

●やはり、数字に強い人。
 あと、お客さま応対が好きな人。

■7映画祭中に経験した、マル秘エピソード

●チケットが!お金が!
 わらわら・・・とテーブル上が
 大混乱?したことがあります。

■8ボランティアスタッフになりたい人に向けて何かひとこと!

●気力・体力が要りますが、
 とにかく一緒に楽しみましょう♪

----------------------------------------------------

Iさん、どうもありがとうございました!

お客様がたくさん来ると、最初は慌ててしまいますが、
いろんな方がショートショートを楽しみに来てくれたと思うと、
こちらまで自然と笑顔になってしまいます。
多くのお客様とお話ができ、反応を見ることができるのも
このお仕事の良さのひとつかもしれませんね。

さてさて、6月17日より、チケットぴあにて
ショートショート フィルムフェスティバル 2005 in 大阪の
前売チケットが発売開始です!
詳細は、また後ほどお伝えしますね。
前売券でお得にショートを楽しみましょう♪
[2006/06/14 18:48] ボランティアのお仕事 | TB(0) | CM(0)

映画祭への道【スタッフのお仕事~企画編】 

今回のスタッフお仕事紹介は、企画
映画好きな方にはかなり向いているかも?

普段からいろんな映画をよく観ていて、
「こんな映画が上映されたら面白いのに」
と考えていることがある人にはたまらないお仕事です。

企画については、これまた以前にご登場いただきました
イリマジリさんに教えていただきました。

----------------------------------------------------

(1・2・7・8については、前回を参照のこと)

■3企画のお仕事内容をひとことで言うと?

アイディアを搾り出し、人に納得させること

■4企画をやってて楽しいこと・得することは?

自分が見たいものが見れる。
会いたい人に会える。
繋がりたい人と繋がれる。

■5企画をやっててしんどいこと・つらいことは?

自分の頭の中にあることを整理して、
簡略化することが難しい。
企画書を書くことが難しい。

■6こんな人が企画に向いてるかも?

アイディアが豊富な人。
沢山の映画をオールジャンルで見ている人。

----------------------------------------------------

イリマジリさん、どうもありがとうございました!

大阪開催の毎年の恒例企画が、大阪特別プログラム
大阪だけでしか上映しないオリジナルプログラムです。
自分の好みやオリジナリティが発揮できる
最高のポジションかもしれませんね。

今年も大阪特別プログラムを上映予定です!
去年の大阪開催では、2会場で30プログラム以上(!!)という
前代未聞の企画数だったのですが、
今年は数も減らして、少数精鋭でお送りします。
上映内容の詳細などは、決定次第ブログでお伝えします♪
[2006/06/14 18:40] ボランティアのお仕事 | TB(0) | CM(0)

映画祭への道【スタッフのお仕事~字幕作成編】 

映画祭スタッフのお仕事紹介、
そろそろ後半にやってきました。

今回は字幕作成のお仕事!
SSFFでは去年から海外作品に字幕をつける、
という作業をおこなっています。

字幕作成のお仕事については、
過去のお仕事紹介でもご登場いただいた
ナムさんにお話を聞いてきました。

----------------------------------------------------

(1・2については、前回を参照してくださいね)

■3字幕作成のお仕事内容をひとことで言うと?

字幕をつける!!

■4字幕作成をやってて楽しいこと・得することは?

作品を髄まで味わえること。

■5字幕作成をやっててしんどいこと・つらいことは?

ぴったりな日本語が見つからないとき
何が言いたいのかわからないとき
パソコンでの取り込み作業がうまくいかないとき

んがー!!と叫びたくなります。

■6こんな人が字幕作成に向いてるかも?

日本語だいすき!
深読みだいすき!

そして、

登場人物に共感できる人!!

■7映画祭中に経験した、マル秘エピソード

苦労して仕上げた日本語字幕。
本番で上映されると・・・文字の位置がずれてた!!
最終チェックが甘かったんだなあ。ショック~。

■8ボランティアスタッフになりたい人に向けて何かひとこと!

まずは行動あるのみ!だと思います。
私だって、英語や映画についての知識はまだまだ足りません。
それでもこうしておもしろい仕事をさせてもらってます!


----------------------------------------------------

ナムさん、どうもありがとうございました!

外国語を勉強している人の中には
映画の字幕作成や翻訳に憧れを抱く人も
たくさんおられることと思います。
そんなアナタにはこのお仕事がぴったりかも?

そして、映画祭ドットコムでは、
まもなく「字幕セミナー」がスタート!
超有名な映画を翻訳した翻訳家を講師にお迎えして、
映画翻訳の全てをレクチャーしていただきます。
お楽しみに!!
[2006/06/14 18:26] ボランティアのお仕事 | TB(0) | CM(0)

事務局はラビリンス 

編集部スタッフのイワタニです。
梅雨入りしてジメジメした季節になってきましたが、
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今日は久しぶりに映画祭事務局の様子を
リポートしたいと思います。

未知なる事務所
←事務局の奥にある畳部屋です。

コ、コレはひどい…。
畳部屋なのに畳が見えません


今、映画祭事務局は資料とテープでごった返してます。
「アレ?あの資料どこに置いたっけ?」
「去年使ったあの原稿はどこにいった?」
という光景を、毎日見ているような気がします。

しまいには、パソコン内もファイルが山盛り。
私は日々「整理整頓!!」と叫び続けてるんですけどね~。

図書館や大型書店などに置いてあるような
資料検索用の端末があればイイのになぁ、
と心底思っています!
誰か開発してください(笑)
[2006/06/09 20:06] 事務局内の出来事 | TB(0) | CM(0)

映画祭への道【スタッフのお仕事~公式ブログ作成編】 

SSFFスタッフお仕事紹介、まだまだ続きますよ。
これまでたくさんのお仕事を紹介してきましたが、
コレやってみたいな、と思うお仕事はあったでしょうか?

今日の2つ目は、公式ブログ作成です。
(ちなみに今日の1つ目はコチラをご覧くださいね。)
今まさに、ワタシがやっていることです。
最近は自分のブログをもつ人も多くなってきたので、
私もブログをやったことがあるという人には
ぜひオススメしたいお仕事です。

公式ブログ作成については、
第7回のヤマシタさんと同様、私イワタニとほぼ同期の
イリマジリさんにお話を聞いてきました、

----------------------------------------------------

■1あなたは今何をしている人ですか?

映画製作

■2ボランティアスタッフをするようになったキッカケは?

映画好きが高じて

■3公式ブログ作成のお仕事内容をひとことで言うと?

各プログラムの情報・変更事項・
事務所の制作状況の報告更新。

■4公式ブログ作成をやってて楽しいこと・得することは?

後々にアンケートで「ブログを見て来た」
と書いてもらえるとかなり嬉しい。

■5公式ブログ作成をやっててしんどいこと・つらいことは?

去年のプログラムの多さに
アップが追いつかず苦しんだ。
ブログを書きながら寝てしまう
ということは日常茶飯事。

■6こんな人が公式ブログ作成に向いてるかも?

文章構成や、タグ活用の上手い人。

■7映画祭中に経験した、マル秘エピソード

田中要次(BOBA)さんや篠崎監督と
直接控え室でお話させていただいた。

■8ボランティアスタッフになりたい人に向けて何かひとこと!

とにかくやりたいことを口に出すこと。
自分が楽しむことがまず第一です。

----------------------------------------------------

イリマジリさん、どうもありがとうございました!

今やネット上には欠かせないアイテムになったブログ。
ですが、ブログをやったことのある方なら
お分かりかと思いますが、
毎日記事を更新するのは本当に大変なんですよね。
特に去年の映画祭は上映プログラムが大量で、
1つ1つを紹介するのも一苦労でした。
去年のブログはコチラ

でも「ブログ読んでます」って言われた時の
あの快感は何とも言えませんよ。
私もその声を楽しみに、毎回更新しています!

映画祭本番で私イワタニを見かけた方は、
「ブログみてます」って話しかけてくださいね。
泣いて喜びます!!(笑)

6月からは、新たにブログ新企画も開始予定!
新企画の詳細はまだまだ内緒なんですが、
さらにパワーアップした内容でお届けします。
どうぞお楽しみに♪

そして、スタッフ応募は今月25日まで!急げ~★
応募ページへGO!
[2006/06/03 00:24] ボランティアのお仕事 | TB(0) | CM(0)

映画祭への道【スタッフのお仕事~海外作品募集編】 

どんどん紹介中のスタッフお仕事紹介!
すっかり恒例のどっさり2回分です。

まず1つ目は、海外作品募集
外国の人とコミュニケートしたい!という方にピッタリですね。
今年も海外から作品がたくさん届いていますが、
それもこの役どころがあるからこそ!

今回、海外作品募集について教えてくれるのは、
去年から精力的に活躍中のナムさんです。

----------------------------------------------------

■1あなたは今何をしている人ですか?

医療系の仕事をしています。

■2ボランティアスタッフをするようになったキッカケは?

インディーズプラネットが運営するもうひとつの映画祭、
プラネット映画祭'05」の作品審査員募集の
チラシを見たのが最初でした。
それが去年の1月。
引き続きお手伝いさせていただいてます。

■3海外作品募集のお仕事内容をひとことで言うと?

海外のフィルム.メーカーと
映画祭ドットコムとの橋渡し。

■4海外作品募集をやってて楽しいこと・得することは?

監督と直接コミュニケートできること。
スタッフの中で一番最初に作品が見られること。
(↑場合によっては日本で、
 さらにはアジアで一番最初とも言える)

■5海外作品募集をやっててしんどいこと・つらいことは?

海外からの反応が薄いとさみしいなあ・・・
(今のところ大丈夫!!)

■6こんな人が海外作品募集に向いてるかも?

ネット・サーフィンが好きな人!?

■7映画祭中に経験した、マル秘エピソード

それは初めて海外の監督とメールでやり取りしたとき。
まだまだ英語も不慣れなのに、
作品について連絡をするなんて
もードキドキしましたよー。
しかもその監督がオスカー受賞監督!
うぎゃー!!!
最初の返事が返ってきたときは
感動で目が潤みました。

■8ボランティアスタッフになりたい人に向けて何かひとこと!

世界中、どこの国にも映画を作る人はいます。
インディペンデント・ショートフィルムは
ほとんどの国に存在するのです!
それらを自分の手で掘り起こしたいと思いませんか?

----------------------------------------------------

ナムさん、どうもありがとうございました!

先日、作品審査をご紹介しましたが、
映画祭ドットコムもだんだんとグローバルになってきて、
審査する作品の中には海外作品も多くなってきました。
それも、この役どころがあってこそ!

そのおかげで、今年は今まで以上に
海外からたくさんの優秀な作品がそろってます!
今年の大阪特別プログラムも楽しみですね。

今日の2つ目はコチラからどうぞ
[2006/06/02 23:53] ボランティアのお仕事 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。