スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SSFF & ASIA 2007 受賞作品B●『Who Killed the Stanley Black? / 誰がスタンリーブラックを殺したか?』 

Who Killed the Stanley Black ●Who Killed the Stanley Black?
誰がスタンリーブラックを殺したか?


監督:落合信人
10:00 / ドラマ / 日本 / 2006

スタンリーブラックという怪物に何度も殺されている男。
ある日、その男は金髪で赤い服を着た女に出会い、
そして女を愛するようになる。しかしその女が現れるときは
必ずスタンリーブラックに殺されるときだった。

-------------------------------------------------------------

キーワードは3つ。
「スタンリー・ブラック」、「赤い女」、そして「死」。

制限時間は10分。
落合信人監督との駆け引きを楽しむ。
しかし彼は、私に結論を推理する時間をくれなかった。
ストーリーは唐突に、そして静かに幕を閉じた。

ミステリー小説の第1章と、最終章だけを読まされた気分はするが、
もどかしく思う気持ちは無い。
ただただ考えさせられる。そう、題名の通りに。
「誰がスタンリー・ブラックを殺したか?」

「私」はスタンリー・ブラックという名の
怪物に何度も何度も殺される。
そして殺されるたびに、顔も見た事の無い赤いドレスの女に出会う。

殺されたら出会う。出会う為に殺される。
「私」の中で、死と愛は同じ意味を持つようになり、
抜け出す事の出来ないループを彷徨う。

「え!?」

これが私の第1声だった。
頭を抱えた。
謎が多い作品である事は確かだが、
伏線が張り巡らされているとか、トリックがある訳ではない。
必要な情報は明確に提示されている。
映画が終わった後も、落合監督との駆け引きは続く。

落合監督のメッセージを解読出来た人は私に教えて欲しい。
「誰がスタンリー・ブラックを殺したか?」
サジを投げるようではあるが、色んな角度からの意見を聞きたい。
久しぶりにそう思わせる作品である。


SSFF & ASIA 2007 受賞作品Bより…
上映日時:8/4(土)20:30~・8/5(日)18:30~

スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/105-9dcaa2f8











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。