スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【07年上映プログラム9傑!!】ドイツプログラム 

07年上映プログラム9傑!!」第2回目は、ドイツプログラム

過去にもオーストラリア、ギリシャ、メキシコなど、
様々な国のショートフィルムを集めたプログラムを上映してきましたが、
今年度ピックアップされた国は、ビールの国ドイツ

ドイツの若手監督によるショートフィルムを4作品上映するほか、
著名人の短編作品をフィーチャーして毎年お届けしている、
恒例の「マエストロ・ショートショート」枠として、
ウォルフガング・ペーターゼントム・ティクヴァ両監督の
秘蔵作品も特別にご紹介しちゃいます!

ドイツプログラム 注目の作品

■『Tango Berlin / タンゴ・ベルリン』■

1997年に制作されたこの作品は、同年に開催された
ヴェネツィア・アート・ヴィエンナーレという国際芸術祭で
ドイツ館のエントリー作品となりました。

実はこの作品もひそかにマエストロが登場します。
何と、1984年「パリ、テキサス」でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した、
ドイツが世界に誇る巨匠、ヴィム・ヴェンダースが出演!
これは貴重な1本ですよ!

ドイツプログラム 注目の監督

■ウォルフガング・ペーターゼン監督■
「Der Eine - der Andere (The One - The Other) / この人あの人」
「Ich nicht (Not Me) / 僕じゃない」

もう言わずとも知れた、ハリウッドで活躍中のドイツ出身監督。
代表作は、1981年の「Uボート」を始めとして、
「ネバーエンディング・ストーリー」「エアフォース・ワン」「トロイ」
…挙げ始めたらキリがないくらい!
上記の映画、皆さんもどれか1つは見たことがあるのでは?

そんなペーターゼン監督の、今回上映する短編2本が制作されたのは、
彼が世界的に有名になる前の、1960年代後半。
ベルリンのFilm and Television Academyに在籍していた頃の作品です。
まだテレビ向けの仕事や映画製作をしていたその当時、
後に「Uボート」で艦長役を演じるユルゲン・プロホノフに出会うこととなります。
これが運命的な出会いとなり、「Uボート」は大ヒット!
彼のドイツ時代を代表する作品となりました。

ウォルフガング・ペーターゼン監督のインタビュー
http://www.shortshorts.org/2007/ja/special-presentation.html#4
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/109-a43bc0d1


映☆パリ、テキサス

Mr.ロードムービーこと、ドイツ出身の映画監督・ヴィム・ヴェンダースの傑作の1つです。現在の処、私が一番好きな映画です。妻子を捨てて生地へ目指すともなく向かう男が荒野に1人いる。行き倒れによって弟と再会し、二人は都会へと戻る。弟の家には妻が置き去りにした息子
[2007/07/22 22:48] URL KANAKURA-MUSHI









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。