スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

次の方、お待ちしてます! 

初めまして!
ボランティアスタッフの柳内です。

今日は私のお気に入りな1本を紹介したくて、
ココに初めて書き込ませていただきます。
そのお気に入りの1本とは、アカデミープログラムの
J’Attandrai Le Suivant次の方、お待ちしてます)」

これは、ひと駅分のストーリー。
仕事帰り、いつもの時間、単調な毎日に
すっかり表情を失くした一人の女性が電車に乗り込んできます。
すると突然、一人の男性が乗客に向かって自己紹介を始めます。
名前、年齢、職業、年収・・・。
聞いている限り、申し分ないこの男性が求めるのは「愛」。

彼の話を聞いているうちに、
女性らしさを取り戻していくかの様に、
みずみずしく輝いてゆく彼女の表情の変化が
とっても印象的なんです。
そして、電車を降りた瞬間、
彼女の表情がまた最初のシーンに逆戻りするのがおもしろい。

それだけ彼女のピュアさが現れているんだけど、
純粋な心をもてあそぶなんて!
フランスらしいユーモア、なのでしょうか?
スポンサーサイト

[2007/07/29 20:22] 身内による作品紹介 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/121-bb4ef5b1











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。