スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

突然ですが・・・SSFF&ASIA2008グランプリ作品発表! 

みなさま

 映画祭ドットコムBlogをご覧になっていただき、ありがとうございます!
 ショートショートフィルムの開催直前まで、
 上映映画のご紹介を、司会とコラム担当者の二人でしていく「SSFF上映作品紹介(08年度版)」。

  今回はライター義沢がお届けします。  
  映画祭開催まで残り4日!
  それまでにグランプリを知っていると鼻高々かも。

  いつもご覧になって頂けいている方への特別紹介です!
  それでは、本年度のグランプリ作品を発表します。 
  さらに!グランプリに選ばれた鈴木監督からのアツいメッセージも披露!
  

■SSFF&ASIA2008グランプリ作品■
     「胡同の一日」
胡同の一日



 鈴木 勉監督よりメッセージ

 「中国を舞台に、youtubeで流すようなコミカルなビデオを撮ろう」。そんな軽い気持ちで北京を訪れた僕らは、オリンピックに向け、古い街並みが凄まじいスピードで壊されていくのを目の当たりにして、「今、この風景を撮影しておかなければ、永遠に失われてしまうのではないか」と考えました。
 こうして、5分のコメディが23分のドラマへと変わり、youtubeではなく国内外の映画祭で上映されることになり、さらには「ショートショート・フィルムフェスティバル2008」でグランプリを受賞することに……。
 まるで映画のような、予想もつかない展開に、自分自身が一番驚いています。(鈴木談)




 「胡同の一日」は、世界最大規模といわれている短編映画祭のクレルモン=フェラン国際短編映画祭にも、招待作品として出品されました。鈴木氏による、上映された際の会場の体験記を通して、「胡同の一日」の制作に関するエピソードの詳細を、こちらのサイトで紹介されています。

シカゴ発 映画の精神医学※「次の記事」をクリックすると続きが読めます(全4回)


 また、街全体で取り組む歴史ある映画祭であり、世界中から参加した
各国の短編映画への取り組みなど、映画・映像制作に関心ある方に
とっても、リアルな情報が紹介されており必見です!


<ライター義沢>

 北京オリンピックという旬なテーマを、風景でとらえるとは!
 短編映画の魅力をグランプリでぜひご堪能くださいね。
 

 みなさまからのご質問やご意見、たくさんお待ちしております!



スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/148-ce5221a7











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。