スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SSFF上映作品紹介(08年度版)  

みなさま

 映画祭ドットコムBlogをご覧になっていただき、ありがとうございます!
 ショートショートフィルムの開催直前まで、
 上映映画のご紹介を、司会とコラム担当者の二人でしていく「SSFF上映作品紹介(08年度版)」。

 
 それではさっそく!
 今回はアカデミープログラムの作品を1つご紹介します。


 今回のコラム担当者は・・・
 yasue さん
 フルタイムで働いて方なので、社会人の視点にご注目!  
 それではよろしくお願いします! 

< yasue >
 はい!忙しい方にこそ、今回の映画がオススメです!




アカデミープログラム 

                

Omnibus / まちがい列車
まちがい列車


 映画は少し気弱そうな男の出勤風景から始まる。
その男、ジャン・ルイは売店で新聞を買い、9:06発2両編成列車の1両車に乗りこむ。
おそらくジャンは半年間、毎朝そのようにしてカトー駅まで通勤していたのだろう。

 そんなジャンに事件が起こる。
いつものように車掌に切符を見せたところ、この列車は本日、1月2日からカトー駅で止まらなくなったと言われる。そんな話は寝耳に水のジャンは、隣のおばさんに助けを求めるが「掲示板に書いてあった」とつれない態度。
 
 デーブル駅からバスで引き返すと遅刻してしまう!あせったジャンは車掌に、自分は上司に嫌われているから遅刻すると首になること、首になると妻に離婚されること、離婚すると子供は施設送りになることを涙目で訴える。
気の毒に思った車掌はジャンを運転手のエロルのもとに連れて行くが、自動運転の列車を止めることはできない。

 ここから窮地に立たされたジャンの冒険がはじまる。
思わず「あっ」と声をあげてしまう結末は秀逸です!

コラム担当< yasue >




今回ご紹介の上映プログラムの詳細はコチラ → アカデミープログラム


<ライター義沢>
 
 第65回・アカデミー賞短編実写部門・受賞作品の上映時間は8分!
 忙しい方でも息抜きに観ることができますよ!
 開催期間中に見逃してほしくない作品を、今後もご紹介していきます。
  

 みなさまからのご質問やご意見、たくさんお待ちしております!


スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/154-c3093cb5











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。