スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画祭への道【スタッフのお仕事~制作編その2】  

ボランティアスタッフのお仕事紹介企画、
本日も2つご紹介しちゃいます!

1つ目は、前回に引き続いて制作です。
制作のお仕事について教えてくれるのは、
「SSFF in 大阪」の初開催のときから
制作に参加してくださっていたWさんです!

----------------------------------------------------

■1あなたは今何をしている人ですか?

 ノーコメント。

■2ボランティアスタッフをするようになったキッカケは?

 『人のご縁』

■3制作のお仕事内容をひとことで言うと?

 SSFFに限っていえば…
 『おかん』

 時には厳しく、時には優しく。
 当たり前のことをサラリとやってのけて、
 愛情ある気配りを効かせるお仕事。
 (そんな存在を目指してやっていました)

■4制作をやってて楽しいこと・得することは?

 お客さんが喜んでいる姿や他のスタッフが
 楽しくスムーズに仕事をしている姿を見ること。

■5制作をやっててしんどいこと・つらいことは?

 不十分な制作準備のせいで
 スムーズに物事が進まないこと。

■6こんな人が制作に向いてるかも?

 物事に動じず、広い視野を持って、
 冷静ながらも想像力がある人。

■7映画祭中に経験した、マル秘エピソード

 約束の時間になっても現れないトークゲストの監督が
 ボランティアスタッフの子に連れられて、
 テンガロンハットをかぶってフラリとひとりで会場に現れた。
 
 ボランティアスタッフの子は、
 その人が誰だか分かっていなかったらしく
 「ちょっと変な人に会場の場所を聞かれて…」
 と私に相談してくれた…

■8ボランティアスタッフになりたい人に向けて何かひとこと!

 気になる時には、とりあえず飛び込んでみて下さい。

----------------------------------------------------

Wさん、どうもありがとうございました!

マル秘エピソードは第1回の当日運営スタッフ編その1
Kazzuさんもお話ししてくれてましたよね。
アレは本当にビックリなお話でした…!

制作は映画祭前までは地味な作業が多い、
前回にもお話ししましたが、
映画祭本番では全体的なまとめ役に近いこともやります。
だからこそ、Wさんも言っているように
「おかん」的な役割と言えるかもしれませんね。

「入ったばっかりでそんなの無理!」という方でも
映画祭前の準備の間に、いつの間にか
今年のSSFFについてイチバン詳しくなっていた!
なんてこともあるんですよ。
まずはやってみることが重要かも。

ボランティアスタッフの応募はコチラからどうぞ。
最終締め切りは6/25(日)ですのでお早めに!

→お2人めのインタビューもどうぞ!コチラ
スポンサーサイト

[2006/05/25 00:40] ボランティアのお仕事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/18-c6ed16eb











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。