スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画祭への道【スタッフのお仕事~音響編】 

まだまだ梅雨は明けていませんが、
すっかり雨が降らなくなってしまいましたね。
その代わりに、ジメジメと湿った気候が続き、
毎晩寝苦しい夜が続いていますが、
皆さんいかがお過ごしですか?

さてさて、ご報告です。
今日から3日間、「夕刊フジ」に
「SSFF in 大阪」の特集が組まれます!
(載るのは多分大阪版のみ?と思います)

「銀幕に恋して 大阪短編映画祭」と題して、
私たちの映画祭事務局の様子や、
スタッフへのインタビューなどなど、
たくさん取り上げていただきました。

ちなみに、今日の分はもう出てしまってますが、
明日・明後日も載っていますので、
是非ごらんになってくださいね!

それでは、スタッフお仕事紹介に入りましょう。
今回のお仕事は、音響です。
映画祭上映にはかかせない存在です。

音響のお仕事について教えてくれるのは、
何とお2人!どちらも頼もしい音響さんです。
前半は森尾 実(E.D.S.)さん
後半はりゅうさんに教えていただきます!

----------------------------------------------------
森尾 実(E.D.S.)さん

■1あなたは今何をしている人ですか?

 音響家・劇団員・作曲家

■2ボランティアスタッフをするようになったキッカケは?

 ボランティアでも何でもいいから
 音に関する仕事がしたかった。
 (先輩の映画祭プロデューサーK氏と
  某ホールマネージャーA氏につれられて・・・。)

■3音響のお仕事内容をひとことで言うと?

 空間へのイメージ補完
 (難しかったら「雰囲気を音で作ること」かな)

■4音響をやってて楽しいこと・得することは?

 この仕事をしていることによって
 普段とは違う観点からの音、音楽を
 感じれることが楽しい。
 得なこと・・・あまり得なことは無いかな。

■5音響をやっててしんどいこと・つらいことは?

 とりあえず目には見えないものを
 扱うことの難しさが一番。
 微妙な誤差を聴き分けられないと
 イライラする。

■6こんな人が音響に向いてるかも?

 音楽大好き!
 大きい音に興奮する!
 細かいことに熱中し易い!

■7映画祭中に経験した、マル秘エピソード

 めちゃめちゃ忙しいはずの日に
 何故かみんなご飯の時間以外にも
 あれやこれやと買っては食いまくる。
 技術スタッフをやっていても
 映画祭を楽しむ気持ちが大切なんでしょうねぇ。

■8ボランティアスタッフになりたい人に向けて何かひとこと!

 したいことをするには
 特別な才能はあまり関係ありません。
 ちょっとでもその世界に近づきたい
 という気持ちと努力です。
 切り口は何でも構わないと思うので
 やりたい!ということを
 前面に押し出して頑張ってください。

----------------------------------------------------
りゅうさん

■1あなたは今何をしている人ですか?

音響、京都のとあるお店の店員(飲食店)

■2ボランティアスタッフをするようになったキッカケは?

大学生の時のサークルのOBの方が
そういうことに携わっていて興味を持ったので。

■3音響のお仕事内容をひとことで言うと?

イベント上における音に係わることは何でもする。

■4音響をやってて楽しいこと・得することは?

やはりいい音をお客さんに提供できた時かな。
得したことは・・音に敏感になったことかな?

■5音響をやっててしんどいこと・つらいことは?

思い通りの音にならないとき。
やっぱりこれが一番しんどい。

■6こんな人が音響に向いてるかも?

音楽が好きでジャンル問わず何でも聞く人。

■7映画祭中に経験した、マル秘エピソード

別所哲也さんが目の前で
「ハムの人です。」と自己紹介してくれた時は
なんか感動しました。

■8ボランティアスタッフになりたい人に向けて何かひとこと!

とにかく何でも興味をもってやれば
いいんじゃないかな、と思います。
実際、自分もそういうふうにやってきましたから。

----------------------------------------------------

森尾 実(E.D.S.)さん、りゅうさん、
どうもありがとうございました!

映画は映像のみにあらず。
音・音楽があってこその映画です。
そんな音にまつわる全てを操る音響さん。

音に関して違和感がないように、
その場その場での心地よい音作りをするのって
きっととても大変なことなんだろうと思います。

音のことはそんなに意識しないで
映画を観る人も多いと思いますが、
逆に言うと、音に気にならないで映画が観れるのも、
音響さんが場面ごとにぴったりフィットする
音と音楽を提供してくれるからなのかもしれませんね!

スポンサーサイト

[2006/07/11 02:55] ボランティアのお仕事 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/31-5579d97d











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。