スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

I-E●『Hayelet Bodeda (The Substitute) / 後任者』  

20060622232556.jpg


●Hayelet Bodeda (The Substitute) / 後任者
監督:Talya Lavie イスラエル / ドラマ / 2005 / '19"00
軍の基地で働くゾハラは、悪環境での生活に耐えられない。
やっとの想いで得た異動命令。だが、赴任してきた後任者はそんなゾハラの期待を次から次へと踏みにじっていく。

---------------------------------------------------------

『イスラエルの兵役』

戦後生まれの日本人にはなじみの薄い兵役。
でも、世界に目をやると、
兵役を義務付けている国は、意外に多い。
例えば、アジアのこんな国・・・

○某人気俳優の兵役問題が話題になったお隣、韓国
 ⇒26ヶ月の徴兵制
○世界一の秘密主義国、北朝鮮
 ⇒156ヶ月の徴兵制(これは最長レベル)
○かたくなに社会主義体制を守る、中国
 ⇒志願制・徴兵制の併用

ヨーロッパは、昔から戦争・内戦の絶えない土地柄、
徴兵制をとっている国が多い。

○オーストリア・ギリシア・スイス・チェコ・
 デンマーク・ドイツ・ハンガリー・ポーランド・
 ルーマニアなどは、すべて徴兵制。
○フランス・イギリスは少し甘めの、志願制。
 戦争が大好きなアメリカ合衆国は、意外にも志願制。

さて、そんな中で、この映画「後任者」の舞台のイスラエル。
イスラエルといえば、宗教の聖地エルサレムをかかえ、
ユダヤ系のイスラエル人とアラブ系のパレスチナ人の紛争が、
未だ現在進行形で続く問題の土地。
この国の兵役制度は世界的に見ても特殊である。

というのも、通常、どの国でも兵役は
男子にのみ課せられる義務なのだが、イスラエルでは唯一、
女子にも兵役の義務が課せられているのだ。
18歳になれば男子で3年、
女子で2年もの兵役に服さなければならない。
これを男女平等ととるか、重すぎる義務ととるかは別として、
この「後任者」という映画の中で描かれるのは、
そんな特殊な兵役制度をとる、
イスラエルの軍隊の中の少女の話。

自由を奪われ、恋人からも家族からも
引き離されて送る厳しい生活。
そんな生活から逃げ出したくて仕方がない
少女ゾハラの悲痛な叫びなのだ。
監督はイスラエル人女性、もしかしたら、
彼女自身の体験談なのかもしれない。

プログラムI-Eより…
上映:8月4日(金)19:00~
スポンサーサイト

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2008/06/23 08:13] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2008/06/18 11:46] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2008/06/17 13:44] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2008/06/14 05:39] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2008/06/08 19:14] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2008/06/04 01:12] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2008/06/03 20:32] - [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[2008/06/02 01:44] - [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2008/05/31 12:16] - [ 編集 ]

>わかばさま

トラックバックありがとうございます!
わかばさまは東京にお住まいなのですね。
東京での上映はもう終わってしまったのですが、
もし大阪に来られることがあればぜひ会場にいらしてくださいね!

また、大阪のお知り合いの方などにも宣伝していただけるとありがたいですv-7
これを縁に、これからもよろしくお願いしますね!

TBいただいたのでこちらからもTBさせていただきました。同じ映画の話題ではないですが、この作品にも興味をひかれます。東京在住なのでいけないですが…。
[2006/07/16 21:34] わかば [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/47-1294c5cf


プロミス

プロミス (2001) ジャスティン・シャピロ、カルロス・ボラド、B・Z・ゴールドバーグ監督プロミス公式サイト アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞にノミネートされた作品です。 イスラエルとパレスチナの子供、計7人へのインタビューを追いながら、子供の言葉に表れる
[2006/07/16 21:32] URL working title -annex-









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。