スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AI-D●『Be Very Quiet / 沈黙』  

be_very_quiet.jpg


● Be Very Quiet / 沈黙
監督:Mona Nahm
タイ・アメリカ / ドラマ / 2004 / ‘25”00
「そこで静かにしているのよ。」母にそう告げられ身を潜めた幼ない少年。そこから彼が目にした光景は無残な母の姿だった。成長した少年を苦しませる憎悪と悪夢。ある人物を見かけたその日、彼は母の復讐を決意する。

---------------------------------------------------------

仏像、寺院、僧侶、お香の煙。
「Be Very Quiet / 沈黙」の各場面に
散りばめられた仏教的要素の数々。

それもそのはず、国民の約95%が仏教徒といわれるタイでは、
仏教は人々の日常から切っても切り離せない
絶対的な存在なのです。
男性に限っては、一生に一度は仏門に入り
修行する習慣もあるのだとか。

タイを訪れると必ず一度は出会う黄色い僧衣をまとった僧侶。
そして、エメラルド寺院に代表される、
きらびやかな装飾で彩られた寺院。
タイの仏教は日本の仏教とは全く異なったオーラを放ち、
訪れる人々を魅了し続けています。

こうした印象から、
「タイの仏教と日本の仏教って何が違うの?」と、
ふと疑問に思ったことはありませんか?

タイの仏教は、スリランカから伝わった
「上座部仏教」といわれるもの。
これは「修行をしたわずかな者のみ救われる」という、
釈迦没後に長い間定着していた思想を指します。
主な信仰国に、上記2カ国のほか、
カンボジア、ラオス、ビルマなど。

一方、日本の仏教は、
「釈迦はすべての人々を救いたかったはずだ」
という思想のもとに誕生した「大乗仏教」を指します。
主な信仰国に、中国、チベット、朝鮮半島など。

そうした経緯から、大乗仏教信仰者が
上座部仏教を「小乗仏教」とも
呼んでいましたが、差別用語とみなされ、
世界的にそう呼称しない
決議が下されたそうです。

「Be Very Quiet / 沈黙」を鑑賞するのに、
こうした背景的な知識はもちろん必要ありません。
ただ、仏教なくしては語れない、といえるほど
仏教が重要な鍵になっています。

それを真に感じることができるのが、
エンディングのフレーズ。
それは、全てを包括するような超越した思想なのです。

「Be Very Quiet / 沈黙」は、あなた自身の考え方や行動を
省みるきっかけになるかもしれません。

プログラムAI-Dより…
上映:8月5日(土)17:00~
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/48-fd082346











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。