スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AI-D●『Fingerprint / フィンガープリント』 

Fingerprint.jpg


● Fingerprint / フィンガープリント
監督:Cho Gyu-Oak
韓国 / フィクション / 2004 / ‘21”20

コピー屋で働く少年の元にやってきたあざのある謎の女。
彼女が依頼したコピーは、自分のあざの証明書だった。
女性と上手く接することが出来ない少年は、
次第に過去のトラウマに取り憑かれていく。

---------------------------------------------------------

『これも一つの愛』

繊細な青年の心の中に閉ざされたはずの、狂った愛の思い出の断片。
彼の日常生活の中でフラッシュバックのように再現される。その思い出ははたして現実か非現実か?観客を彼の精神世界にダイブさせる、異色作。

彼には、以前自分の愛した恋人を殺してしまった記憶があった。それが故意であったか過失であったか、はたまたそれが彼の愛ゆえにの行動だったのかは、彼のみの知るところである。が、衝動で殺してしまったというその事実は彼の心に深い傷跡をのこしたのだった…。
時は流れ、彼はコピー屋で一人働いていた。ある女性が彼に好意を抱き、客としてアプローチしてくるのだった。戸惑いながらも彼女との距離が縮まってゆく。青年は同じ過ちをもう一度繰り返すのだろうか?

ほとんどセリフに頼ることなく、画面で展開を説明しているので、非常に青年の精神面が垣間見えるスピリチュアルな雰囲気があるこの作品。
過去にあった愛した女性との官能的なシーンはまさに美しいの一言に尽きる。その揺らめくような幻想的な空間に軽く酔い、本当は幻なのではないか、と疑いを抱いたところで現実に引き戻される、そんな監督の憎い演出が目立った。

プログラムAI-Dより…
上映:8月5日(土)17:00~
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/53-00ba1317











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。