スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AI-C●『Inside / インサイド』 

Inside.jpg


● Inside / インサイド
監督:PARK In-chul
韓国 / ドラマ / 2004 / ‘13”00

クジ売り場で働く彼女は「手」で相手を理解できるように。ある美しい手を持つ男に惹かれた彼女のとった行動とは…

--------------------------------------------------------

『一味違う韓国映画』

クジ売り場という箱の中から見る社会の風景。まずこの設定に私は強く興味をひかれました。そこで働いているうちにこうなったのか、もともとの性格にその仕事があっていたのかはわかりませんが主人公はかなりの妄想家でステキです。
「手フェチ」の変態女性にはもってこいでしょう。笑

内装のセットに少し違和感は感じるが、効果音も含め感情の変化によって模様を変えるなど制限のある中で効果的につかっているところに注目してほしい。
そして、急展開に話が真逆の方向へむかっていくのも流行なのでしょうか、いいです、かなり。最後に主人公にとっての幸せが、、、観る者を複雑な気分にさせるのもねらいでしょう。あとは観て楽しんでください。

限られた制作費用でここまで楽しめるのはまさにアイデア勝利だとこの作品をつくった方達に拍手を送りたいと思います。クオリティなど抜きに単純に楽しめ、韓国映画の印象がまた変わりました。「オールドボーイ」なんかはヤリ過ぎ感があって私には少し抵抗があるのですが、この作品は短編だけにあそこまではエグれなくてかえってよかったのでしょう。

ところで、韓国映画ってどこまで本気なんですかね?ドラマも含めて全て本気にみえてしまって私にはどうも入り込めない感があるのですが。(ヨン様ファンには申し訳ない。)
韓国人だってイロイロだからもっと観ていけばこのようないい作品に出会えるって事でしょうね。今後が楽しみ! 元山

プログラムAI-Cより…
上映:8月4日(金)17:00~
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/55-b8609267











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。