スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AI-B●『Dancing Pee / トイレのトラウマ』 

DancingPee.jpg


● Dancing Pee / トイレのトラウマ
監督:Minkuen Choi
韓国 / ドラマ / 2005 / ‘13”20

公衆トイレで受けた恐ろしい体験が、トラウマとなって男を苦しめる。妄想と現実が入り乱れ、彼の目の前で踊るようにめくるめく。解放されたい!解放されたい!男の苦痛に満ちた叫びが聞こえてくるようだ。そして彼は…。

--------------------------------------------------------

『新時代のトイレ』

公衆トイレは一般的に汚いというイメージがあり、出来れば利用したくないものですが、近年では随分とクリーンでユニークなものが町で見られますね。
公衆トイレについてインターネットで検索してみましたが、素材や形、設計に至るまで、設置する場所、周囲の衛生面への管理などを考慮されて、随分と工夫されているようです。 

観光地では町全体のクリーンなイメージを膨らまそうと、わざわざ公衆トイレの紹介をしている所もあります。

秋田県仙北市田沢湖の場合:
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Forest/4569/
オモシロいのが、使用している紙の種類や、携帯の使用不可、トイレの数、利用できるトイレの様式などをこと細かく説明してくれているのです。 

京都市の場合:
http://raku.city.kyoto.jp/kanko_top/toilet/index.html
京都と言えば、お寺に神社、城跡など、歴史的建造物で、年中観光客の耐えない街。それゆえ、市内の公衆トイレが、観光名所のエリアごとに別れて検索できるようにしてあります。

長野県伊那谷各町村の公衆トイレの場合:
http://kankyo-p.com/frame/works_fr.html
さすがに大自然に囲まれた土地だけあって、外観にマッチするように木目を生かしたり、太陽の光が天井から降り注いだり、レクリエーション施設の場所に応じてデザインも変えるといった懲り様。 

私達が一般的に持つ公衆トイレ=汚い、臭い、暗いといったイメージは利用する私達の使い方が粗末であるからなのかも。壁の落書きなどもそう。排泄物を扱う場所ですから、衛生面や安全面は管理者にとって重要な問題。それゆえ、トイレが持つ3Kのイメージをなくそうと、管理者の間で外観や内装を工夫するところが増えてきたのでしょう。 

一方、管理が大変な公衆トイレですが、町の至る所にあるコンビニエンスストアでは、トイレのマークを掲げ、誰でも自由に利用できるようになっていますね。商品を何一つ買わずに、トイレの利用だけでも快く案内してくれる。郵便や宅配業務、公共料金の支払いの他にトイレの提供により、売り上げを伸ばそうという努力が見受けられます。

気の利いたレストランなどでは、女性のトイレ内に、綿棒やコットン、生理用品、ハンドクリームなどを設置してある所もあり、中にはトイレの中に水槽があり、魚が泳いでるのを見ながら用をたす所や、便座の蓋を開けると音楽が鳴ったりするようなエンターテイメント的要素を備えたトイレも出回っています。
アメリカのラスベガスの男性トイレでは、便器に的があり、そこに命中するように用をたすと、競走馬が動き出し、隣同士競争しあう…といった信じられない所も。

そんな本来のトイレの使用目的をあきらかに超えてしまった所もあれば、個室がなく、入ると穴がポツポツ、大きな溝が真ん中に。用をたしたあとは、この桶の水を流してください…というような昔流の所も世の中には存在します。 

私達になくてはならないトイレ。目的は同じなのに、利用する人、設置される場所のニーズによって変化し続けています。

プログラムAI-Bより…
上映:8月6日(日)10:00~
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/57-7ec80bda











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。