スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

I-C●『That’s Showbiz / ザッツ・ショウビズ』 

theshowbiz03.jpeg

● That’s Showbiz / ザッツ・ショウビズ
監督:Phillip Noyce
オーストラリア / コメディ / 1973 / ‘19”00

落ち目になったボードビル劇場をふたたび繁盛させるため、老人たちがアイディアをひねりだす。そして、ある新しいショーに観客たちの目は釘付けに!

---------------------------------------------------------

『笑いって、すばらしい!!』

「That's showbiz」は、古くなってお客の入りが鈍ってきたボードビル劇場が舞台。どうにかもう一度盛り上げようと、劇場出演者の息子がアイディアをひねり出します。

ところで、ボードビルってご存じですか?ただの劇場の名前ではありませんよ。ボードビルとは、歌や踊りやマジック、軽喜劇などが行われるバラエティーショーのこと。その起源をたどってみると、15世紀のフランスにたどりつきます。最初はキャバレーやカフェなどではじまり、風刺的風俗劇の要素が強かったようです。やがて、少しずつ形を変えながら、世界へ広がっていきました。

もちろん日本でも欧米の流れをくんだボードビルショー(バラエティーショー)はあるわけですが、昔ながらの寄席も忘れてはいけません。寄席は、17世紀に寺院や神社の境内を借りてはじまり、幕末の江戸には町内に一軒の寄席があったといいます。どこの国でも、いつの時代でも、大衆は笑いや娯楽を求めているのでしょうね。

そして、いまや笑いのメカニズムは、世界の医学界でも注目のまと。ユーモアや笑いは体によい影響を与える、という検証がつぎつぎに発表されています。がん患者が吉本新喜劇を見て大笑いしたら免疫力が活性化した、という話も。また、大笑いをすることは”内臓のジョギング”といわれ、適度な運動に負けない効果があるのだとか。自律神経の働きが安定し、血中酸素濃度も増加するため、ストレスを大幅に減少させることができるそうです。

笑いには、楽しくなった時に表れる「快の笑い」、あいさつの時などに浮かべる「社交上の笑い」、緊張が緩んだときにふともれる「緊張緩和の笑い」があり、どれもあなどれない効果。もちろん、自然な笑いがいちばんですが、多少無理にでも笑うことで気分が少しでもよくなるのなら、大いに笑おうではありませんか!

老人たちの多い町で、斬新かつ、ちょっと刺激の強いショーを準備した「That's showbiz」のボードビル劇場。人々の満足度は、満面の笑顔でわかります。きっと心身ともに若返って、寿命ものびるに違いありません。

この作品の監督フィリップ・ノイエは、「パトリオット・ゲーム」などでも有名。最近では、大人気テレビシリーズ「トゥルー・コーリング」の制作総指揮などをつとめています。彼がメジャーデビューする前のこの作品。モノクロで綴られる1970年代のボードビル劇場は、味わい深いものがあります。その時代の人になった気分で、一緒に大笑いしましょう!

プログラムI-Cより…
上映:8月5日(土)21:00~
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/59-58550a5a











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。