スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

AI-A●『The Hand / 手』 

20060714162612.jpg

● The Hand / 手
監督:Anoushiravan Haddad
イラン / ドラマ / 2004 / ‘12”13

息子の誕生を切望し続ける男に、3人目の娘が生まれた。失望した男は、息子を授けてくれなければ片方しかない腕を切り落とすと神に訴える。果たして彼は息子に恵まれるのか?

--------------------------------------------------------

『イスラムの世界』

周囲に励まされながら出産する妻。そして、赤ちゃんの産声と共に浮かべる切ない表情。そんな印象的なシーンから始まる「The Hand / 手」では、片腕の夫が自分の支えとなる「息子」の誕生を切望するという、イランのある家族の様子が描かれています。でも、どうしてそんなに「息子」にこだわるのでしょうか?どうやら、そこには宗教的な背景も影響しているようです。

イランの正式名称は、イラン・イスラム共和国。その国名からも推測できるように、国民のほとんどがイスラム教を信仰しています。イスラム教とは、7世紀初めにアラビアでムハンマドが創唱した宗教で、神(アッラー)からの啓示の記録とされるコーランが聖典です。

イスラム教信者のことを「ムスリム」といい、ムスリムには「六信五行(ろくしんごぎょう)」という義務があります。六信とは、信じなければならない6つのこと。「神・天使・啓典・預言者・来世・天命」を指します。また五行とは、ムスリムが行わなければならない5つのこと。「信仰告白・礼拝(1日5回)・断食・喜捨・メッカ(聖地)への巡礼」を指します。

その他にも、イスラム教には様々な戒律があり、男性が優位とみなされるものも少なくありません。中でも有名なのが一夫多妻制。男性は平等に愛することを条件に、なんと4人まで妻を持つことができます!そして、「The Hand / 手」でも見られるように、ムスリムの女性はスカーフで頭髪を隠さなくてはいけません。服装に関しては自由なイスラム国もありますが、イランは特に戒律が厳しく、肌と体のラインが出ない「チャドル」という黒い布で全身を覆うのが一般的だそう。

そうした男性優位な考え方は、やはり子供が誕生する際にも影響します。男なら財産になるという考えから、男の子の方が好まれるのだとか。そんな根本的なイスラムの思想が、「The Hand / 手」に描かれている男女の価値にも深く関わっているように感じられます。

日本にいるとあまり触れる機会のないイスラム社会。「The Hand / 手」は、そんな未知なる世界へと導いてくれます。イスラム教に関する知識を少し持ってから本作品を観れば、ストーリーにより深く入り込め、考え方や生き方などに対する世界観も変わるかもしれません。

プログラムAI-Aより…
上映:8月5日(土)15:00~
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/60-101a630e











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。