スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

N-A● 『IRON / アイロン』 

iron.jpg

● IRON / アイロン
監督:中野裕之(Hiroyuki Nakano)
日本 / ドラマ / 2005 / ‘14”57

現代に失った一途で不器用な日本男児の潔白さを監督独自の視点で表現。シンプルなあらすじの中に男の美学が凝縮された入魂作。

-----------------------------------------------

今年の5月27日第59回カンヌ国際映画祭に出品され、
「カンヌ映画祭ヤング批評家賞」を受賞した作品。
監督はこれまで映像作家として
さまざまな形態で世の中を沸かせてきました。
その詳細はココで確認することができます。

いままでの映画は観てますが、短編作品は恥ずかしながら
今回はじめて観させていただきました。
その感想とは「彼の活動の中心はやはり映像にある」ということです。
職人というより芸術家という言葉がしっくりきます。
そのクオリティの高さは誰にも真似できないばかりか
美的感覚に優れていて、上質なモノを知る者だけが成せる
“技”いや“感性”をみせつけられるのです。
そこに余計なものは必要ないということが
この作品を観れば納得できるでしょう。

いままでの活動内容をみればわかるように
彼はざまざまな表現方法を試みて追求し続けています。
その類稀なるチャレンジ精神とスマートさを
併せ持ってはじめてそれを可能にするのです。
この柔軟性はどの世界で生きていくにも
時代を創っていく人にとって欠かせないセンスなのでしょう。

今回の内容は一言でいうと「日本男児」。
世界を意識した作品といっていいでしょう。
もしくは西洋かぶれした現代日本人へのアンチテーゼ(反定立)。
三島由紀夫を感じさせます。
そこまでいうと大袈裟になるのでしょうが、
決して「過激」ではなく「静寂」から生まれる
日本人独特の文化・精神を心の中に思い起こすでしょう。

人を表現するうえで「竹を割ったような性格」って
今あんまり使わなくなってませんか?
それに「自分、不器用ですから」とか
「古いタイプの人間なもので」なんて
高倉健でもいわない時代になってしまったでしょ。
作品ではあえて時代設定を避けていますが
日本人なら昭和な匂いを感じ、
日本をよく知らない外国人の方が作品をごらんになれば、
少しは感じるものがあるでしょう。

ストレートでシンプルであることの難しさを
アイロン(笑)で表現するなんて面白いし。 元山

プログラムN-Aより…
上映:8月6日(日)16:00~
大阪特別プログラムより…
上映:8月6日(日)18:00~
※18時の回は中野監督の舞台挨拶も予定しています!
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/69-8f1411d2


その他の受賞作品 カンヌ国際映画祭2006

 第59回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門のメイン賞以外の賞について調べてみました。
[2006/08/03 20:14] URL 海から始まる!?









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。