スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

The Osaka Specials●『Microgravity / マイクログラビティ』 

Micro2.jpg20060727231725.jpg

■HP
http://microgravity.com

■キャスト
エニコ   タリカ・ブラント
クロード  ピーター・マークス

■スタッフ
監督、撮影:デビッド・サンダース
脚本:セス・タリー
制作:クリント・オッテソン
編集:マイケル・ホーウィッツ
美術:今井伴也 他

■あらすじ
エニコが月の周回軌道に配属されてどれくらいの月日がたっただろうか。彼女は自分の乗っている古びた宇宙カプセルを修理する日常が永遠に続くにつれ神経過敏に陥り、故障によって永遠の広さを持つ宇宙に投げ出され、仲間であるクロードと別れるという悪夢を見るようになる…。

■賞歴・上映歴
シアトルSF映画祭第3位、ダグラス=トランブル賞受賞

■監督コメント
4年間の準備期間を経て、Microgravityは人間の夢空間を壮大なスケールで描き出しました。35mmで撮影され、5.1チャンネルのサラウンドサウンドでマスタリングされています。

■Cast
Eniko Tarika Brandt
Claude Peter Marks

■Crew
Directed, Cinematography by David Sanders
Writing by Seth Talley
Produced by Clint Otteson
Film Editing by Michael Horwitz
Art Direction by Tomoya Imai
and others.

■Synopsis
Eniko (Terika Brandt) has been orbiting the moon for far too long. She is fatigued from endless maintenance of her aging capsule, plagued by nightmares of explosive decompression and separated by her friend and fellow astronaut Claude (Peter Marks) by the unforgiving vastness of space. When a malfunction forces her to perform a spacewalk, Eniko must pit her wits, her training, and her will to live against the fatal certainty of cold, hard vacuum.

■Award, Screening
Third place at the Seattle SF Film Festival, winner of the Douglas Trumbull Award.

■Director's Comment
The culmination of four years of effort, Microgravity presents a thinking man’s nightmare with extraordinarily high production value. Filmed in 35mm and mastered in Dolby Digital 5.1 Surround Sound.

The Osaka Specials / 大阪特別プログラムより…
上映:8月6日(日)18:00~
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/74-1966ffeb











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。