スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

The Osaka Specials●『The Other Half / アザー・ハーフ』 

TheOther2.jpg
20060727234155.png

■キャスト
男…ジャスティン・バッチェラー
もう一人の男…シェイン・リー
同僚1…アメデオ・マルケス=ペレス
同僚2…カーロス・マルケス=ペレス 他

■スタッフ
監督:シェレル・ケリー
製作:アメデオ・マルケス=ペレス
撮影監督:デビッド・ルサノウ
照明:ドロタ・クロリコウスカ、アダム・グラフ 他

■あらすじ
何かがおかしい。でも何だか分からない。そう、クローゼットで眠っている“見慣れた”顔の知らない男を発見するまでは…。大人へと成長するある時点で、子供の頃に大事にしていたものを置き去りにしてしまう私たち。でも「本当の自分」は私たちの中に存在し、受け入れられるその時を待っているのです。果たして男は自分が失っていたものに気づくことができるでしょうか?

■賞歴・上映歴
ワールドプレミア

■監督コメント
「The Other Half」は、長い間忘れていた「インナーチャイルド」との再会をテーマにしたストーリーです。私たちは大人へと成長するある時点で、子供の頃に大事にしていたものを置き去りにしてしまいます。でも、「本当の自分」は私たちの中に存在し、受け入れられるその時を待っているのです。
人々の心の中に存在するインナーワールドと、インナーワールドが私たちの感情や周囲に与える影響に、私は常に魅了されてきました。作品を制作する際は、登場人物の「内面のしくみ」を解き放ち、登場人物が実際に存在する世界を表現しようと心がけています。
「The Other Half」には、大人へと成長しようと決め、インナーチャイルドと決別して以来ずっと虚無感に悩まされ続けている男が登場します。アパートやオフィスの質の乏しさ、そして仕事と睡眠を繰り返すだけの満たされない日常生活を通して、男の人生の空しさを表現しています。
「The Other Half」が一体誰で、なぜこのタイミングで男の生活に戻ってきたのかという捉え方は、観客の皆さんにお任せします。それよりも人々のインナーワールドと経験が、本作品を理解する上でどのように影響するのかに興味があります。というのも、この作品をご覧になる方は、各々の「Other Half」と特別な関係があるでしょうし、それだけに作品の捉え方も人によって異なると思います。
観客の皆さんが、ある意味で本作品に提起したことを受け取って頂けると幸いです。

■Cast
The Man…Justin Batchelor
The Other…Shane Lee
Workmate 1…Amadeo Marquez-Perez
Workmate 2…Carlos Marquez-Perez
and others

■Crew
Director…Charelle Kelly
Producer/1st AD…Amadeo Marquez-Perez
DOP…David Rusanow
Grip/Gaffer…Dorota Krolikowska
Grip/Gaffer…Adam Graf
and others

■Synopsis
Something is not quite right. The Man can’t seem to put his finger on it, until one day he discovers an all too familiar stranger sleeping in his closet. Cast off in a long forgotten childhood, The Other half has been waiting for his chance to be reunited with The Man. But it isn’t going to be easy. And only when The Other Half appears to be gone for good, does the Man realise exactly what he is missing.

■Award, Screening
World Premiere

■Director's Comment
‘The Other Half’ is a story about reconnecting with our long abandoned inner child. At some point I think we all decide to “grow up” and cast away many of the things that were dear to us as children. However, I don’t believe we are ever truly adults, and somewhere inside us our true self lurks, waiting to be embraced.

I am always fascinated with our inner worlds, and the impact they have upon us emotionally but also reflected in the world around us. In my films, I try to open up the character’s inner workings and turn them into a world the character exists in. The Man in ‘The Other Half’ is struggling with an emptiness he has felt since he decided to grow up and cast off his inner child. His life reflects this emptiness with the sparseness of his apartment and office, and his unfulfilling routine of work and sleep.

I would like for audiences to leave the film with their own opinion of who the Other Half is, and why he has come back into the Man’s life at this time. I am interested in how people’s inner worlds and experiences affect their perceptions. Each person that sees the film will have a different relationship with their own “Other Half” and will therefore see the film in different ways.

I hope the audience in a sense, will take away from my film what they brought to it.
The Osaka Specials / 大阪特別プログラムより…
上映:8月6日(日)18:00~
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/76-be14025a











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。