スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

The Osaka Specials●『愛の部屋 / The Room of Love』  

ainoheya.jpgterada.jpg

■HP
http://www7a.biglobe.ne.jp/~my_samples/

■スタッフ
制作:寺田めぐみ
音響:大村理文
協力:乾由美

■あらすじ
10編から成る短編集。抜け殻の愛や幸せに依存する顔のないサラリーマンたち。道を過った男たちの末路をブラックユーモア風に描いています。

■作品解説
徹底した「常識」「形式的な考え方」が招く悲劇を描く反面、「常識」や「形式」だけでも乾いたまま生きていけてしまう人間という存在の悲しさ、不条理さを描いています。そしてこの作品はタイトルに反して"愛"のない作品です。登場するサラリーマン達には"顔"がありません。ないものを想像してほしいの です。 彼らの顔は見る人の顔です。

■賞歴・上映歴
平成17年度文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門・短編 審査委員会推薦作品、
関西テレビ主催学生映像コンテスト BACA-JA2005 佳作、
ASK? 映像祭2005 ASK?賞受賞

Inter College Animation Festival 2006、
FUNKY802 digmeout EXHIBITION 2006、
武豊アニメーションフィルムフェスティバル'06、
東京国際アニメフェア2006、
京都シネマ カレッジウィーク、などにて上映

■監督コメント
「愛の部屋」この作品はタイトルに反して"愛"のない作品です。登場するサラリーマン達には"顔"がありません。ないものを想像してほしいのです。絵柄と色数はなるべくシンプルなんです。手抜きではありません、はい。

以前は密度が高く複雑な絵を書いていました。同じような小さい模様をつぶつぶつぶと気が遠くなるくらい書き続けるのとか好きだったんですが、まったく正反対のシンプルな絵柄ができました。密度で見る人を圧倒するより、シンプルさで吸い込む方が自分の表現意図にもあってるんじゃないかと思ったんです。

友人(「愛の部屋」の音響さん)に聞いたFM802にアーティストオーディションに応募、幸運にも合格。その結果なんだかんだでお話まわって映画祭に参加させて頂けることになりました。とても嬉しく、光栄に思います。教えてくれた無職の友人の生活を心から心配しつつ感謝しつつ、これから上映料バンバンとって還元して人間らしい生活をしてほしいと、余計なことを考えているのでした。 おわり

■Crew
Animation...Megumi Terada
Sound...Masafumi Omura
Special Thanks to Yumi Inui

■Synopsis
10 vignettes put together in one short film. Salary men without faces who currently only have the hallow shell of love and happiness. An black humored animated movie about men at the dead end of the wrong road.

■Description
I drew a tragedy that comes from exhaustive “common sense” and “formal thought”, while incorporating the sadness and absurdity that exists when human “common sense” and “formal thought” have all dried up. So while this film has “love” in its title, it is a film without love. The salary men who appear in the film are men with no faces, but I hope you will imagine their faces as seeing objects.

■Award, Screening
Awards:
2005 Cultural Affairs Agency Media Art Festival, cartoon selection
Kansai Television sponsorship picture contest student recognized for fine work, BACA-JA 2005
2005 ASK? Film Festival, ASK? Prizewinner

Screening:
Inter-College Animation Festival 2006
FUNCKY802 digmeout Exhibition 2006
Taketoyo Animation Film Festival ‘06
Tokyo International Anime Fair 2006
Kyoto Cinema's College Weeks, etc.

■Director's Comment
Contradicting its title, “The Room of Love” is a film with no love. But I would like you as you watch this film to imagine all the things with nothing as having something, such as the salary men in the film have no faces. The simple uses of patterns and colors is deliberate, not shortcutting.

Before, I drew the art with a lot of complexity and density. I liked how the same small patterns felt as they grew farther away, lumping together. But this concept came across just as well with simple patterns. So rather than overwhelm viewers with density, I thought it better to let viewers take in the simplicity with their own intention of expression.

I applied for an artist audition from FM802 which I heard about from a friend (the sound guy for “The Room of Love”) and fortunately passed. From that, I was able to participate in this Film Festival. I feel very honored and delighted to join this year. I want to send thanks and care to the jobless friend who taught me so much. Now, I’d like to help him to have an ordinary life as a human being by getting screening fees as much as I can.

The Osaka Specials / 大阪特別プログラムより…
上映:8月6日(日)18:00~
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/81-752e3606











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。