スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ありがとうございました! 

「ショートショート フィルムフェスティバル 2006 in 大阪」、
昨日で無事、全日程を終了しました!
会場までお越しいただきました皆様、本当にありがとうございました!

会場内の様子
←最終日の大阪特別プログラムの回。
 会場内はお客様でいっぱい!!

立ち見が出る恐れがあったので、
席を何とか増やして対応させていただきましたが、
それでも観にくいお席になってしまったお客様には
本当に申し訳ありませんでした…。

私イワタニは、今年も例年どおり、
受付にてたくさんのお客様と接してきましたが、
かくいう私も、3年前にこの映画祭で初めてショートフィルムを観て、
すっかりショートフィルムに魅せられてしまった1人です。

心がほっと温かくなったり、ゾクっとなったり、
細かい演出に思わずニヤリとしてしまったり、
最後にとんでもないどんでん返しがあったり。
ほんの30分足らずという、人生の中でいうとほんの一瞬なのに、
その一つ一つにいろんなエッセンスが凝縮されています。

そんな中から、「ヤラレタ!!」と思わず唸ってしまうような、
運命のショートフィルムに出会えることを願って、
私はいつもショートフィルムを観続けています。

いろんな作品を観て私が感じたことなのですが、
ショートフィルムの面白さの醍醐味って、
1つのプログラムの中にいろんなジャンルの作品がつまっていて、
その中から「コレ!」という自分の好みの作品を
発見できることではないかな?と私は思います!

この3日間、世界各国の様々なショートフィルムを上映してきましたが、
皆さんだけのとっておきのショートフィルムは見つけられたでしょうか?
スポンサーサイト

[2006/08/08 01:33] お知らせ | TB(0) | CM(7)

>finetodayさま

お越しくださりありがとうございます。
ずーっと更新しないままのブログですみません…。
動きはあるのですがなかなかお伝えできる状況ではないのです(^-^;

映画が好き、と言っていただけることが何よりうれしいです!
ショートフィルムは観れば観るほど奥深くて
無限の可能性を秘めていんですよね。
finetodayさんもぜひ次の映画祭にはお越しくださいね!
[2007/03/16 12:50] 編集部イワタニ [ 編集 ]

こんにちは

新着から来ました。日記を読まさせていただきました。
映画のショートフィルムって奥が深くていいですよね!
私も映画は大好きです。
楽しかったので又来ます。私のブログは「中国茶ドットコム」中国茶について書いてます。 良かったら遊びに来て下さい!
[2007/03/16 11:14] finetoday [ 編集 ]

サンダンス映画祭を生放送

はじめまして
突然申し訳ございませんが映画に興味ある人のブログを探してたらこのブログに止まりました。
明日からサンダンス映画祭07始まります、今年は毎年と違ってインターネットで生中継をします。サンダンスはStickam.jpとのコラボでサンダンスの有名人数々をインタービュウできる許可をもらってます。これは全部Stickamのウエブサイトで放送します。もし興味を持ってましたら是非御覧になってください。細部と生放送を見るにはこのページを御覧ください。www.stickam.jp/profile/sundance07

>はるたまさま
ご来場ありがとうございました!
ご堪能いただけたようで嬉しい限りですv-9
ブログのコラムはなかなか秀逸な出来だと思いますので、
読むとちょっと頭が良くなったような気がしちゃいます(笑)

>Jellyさま
当日はスタッフとしてきてくださってたんですね!
ありがとうございました。
ショートフィルムは短いけどオチもさまざま。
超超短編ほどうまく締めくくるのも大変!
よくできてるなぁとつくづく感心してしまいますv-21

>huさま
ユ・ジテの作品は劇場公開してもイイかもしれませんよね!
「青い背中」は試写会でも上映してとても好評でした。
huさまのお気に入りの作品が見つかったようで良かったです!
またのご来場をお待ちしておりますv-22

ユ・ジテさんの「盲人は夢を見るか」が印象的でした。
アートとしてもエンターテイメントとしても成立していると思います。
その他は「愛の部屋」「青い背中」「アザーハーフ」が
が友人達に好評でした。
[2006/08/15 16:54] hu [ 編集 ]

>星新一さんの短編集を読んだみたい。
僕は、当初ショート・フィルムという言葉から、
小説のショートショートのような落ちのある作品を想定していたのですが。ショート・フィルムの場合単に短いだけでジャンルは色々あるな~と思いました。それぞれに良かったです。
ショート・フィルムももっと盛り上がって、ジャンルごとに企画が成り立つようになるといいですね。
僕的には「村のサッカー」のような、超超短編作品が好きです。わさびが効いてる感じ!
[2006/08/11 23:50] Jelly [ 編集 ]

映画祭スタッフですが当日は観客として
「大阪特別プログラム」楽しませていただきました。
覚え書きに感想など。

「全速力海岸」ポップ中野監督ので面白かった!!
やっぱ大画面がえ~わ!!!!全力疾走!!!

期待してた「アザーハーフ」は期待どおり。

あと、「愛の部屋」がじわじわ~っと面白かったですね。
01.から10.まで、ぐる~っと不思議な感覚で、
星新一さんの短編集を読んだみたい。今後に期待。

ユ・ジテ監督の「How Does the Blind Dream」
好きなラストではないけども、妙になまなましく
印象残ってしまいました。42分という長さを感じさせず
ひきつけるのはスゴイ。

ショートフィルムの場合、ちょっとした設定とか
ポイントとか事前に押さえておかないと「??」なまま
終わってしまうのもあったりして、プログラムやWEBを
チェックして「なるほど」な作品もあったり。そういうの
これからブログを読み込んで、楽しんでいこうと思います。
[2006/08/09 11:01] はるたま [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eigasai.blog55.fc2.com/tb.php/87-3e42e190











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。